飛散前からの「乳酸菌」が花粉症の悪化を防ぐ!おすすめ商品を医師が紹介

いよいよ到来するスギ花粉のシーズン。今年は花粉の飛散量が格段に増えるというから、戦々恐々としている人も多いだろう。でも安心を。早めの対策で、症状悪化を防げるという。

現在、花粉症の症状緩和につながると注目されているのは、花粉シーズン前からの乳酸菌の摂取だ。

「花粉症などのアレルギー症状が起きる原因の一つが、免疫機能のバランスの崩れ。乳酸菌には免疫のバランスを整える作用があるのです」

こう語るのは『「乳酸菌」がすべてを解決する 免疫力を高める 最強の健康法』(アスコム)などの著書がある医学博士の後藤利夫先生。

「まず、花粉症を発症する人は、腸から粘液に分泌されるIgA抗体が少ない傾向にあることが判明しています。

IgA抗体は花粉やタンパク質などのアレルゲンが体内に吸収されにくくする働きをするもの。花粉が鼻に入り込み鼻の粘膜で捕らえられるとIgA抗体は花粉をキャッチし、症状を起こす前に体外へ運び去る役割を果たしています。乳酸菌を取ることで、このIgA抗体が増えることがわかっているのです」

また、体内には免疫細胞の“司令官”である、Th1とTh2という細胞が存在している。この2種類の細胞は、どちらが働きすぎてもよくないが、花粉症を発症する人では、Th2細胞が過剰に働いてしまっているという。

「乳酸菌にはTh1細胞を盛り上げ、本来のバランスのとれた形に戻してくれる作用があるのです」

日々乳酸菌を摂取することで、免疫バランスを整えることができるというのだ。

では、具体的にどんな乳酸菌を取ればよいのか。

「ヨーグルトや乳酸菌飲料が食べやすくおすすめです。気に入った味のものを摂取するのでも効果がないわけではありませんが、各商品に含まれる乳酸菌はさまざま。なかには、花粉症の症状を緩和する効果が確認されているものがあります」

花粉症などのアレルギー症状を緩和することが確認されている商品は主に以下のとおり。

・森永乳業 ビヒダスヨーグルトKF
・Yakult ヤクルト1000、Y1000
・タカナシ乳業 おなかへGG!
・アサヒグループ食品 アレルケア

「『ビヒダスヨーグルトKF』は、世界初の花粉、ハウスダストなどによる鼻の不快感を軽減するとうたった商品。花粉症の人の実証実験でも効果が確認されており、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌BB536を摂ることでスギ花粉のアレルギー体質の度合いを示すIgE値が低下したという結果も出ています。過剰反応している腸管の免疫細胞に働きかけ、正常に戻す作用があるのです」

大人気の「ヤクルト1000」(市販品はY1000)に含まれるシロタ株はTh1に働きかけ、Th2に偏ってしまった免疫バランスを調整する作用があるという。また、「おなかへGG!」に含まれるLGG乳酸菌は世界で最も研究が進む乳酸菌。花粉症の症状を軽減する効果が報告されている。

「『アレルケア』はTGF-βという細胞の働きを調節する物質によって免疫システムの暴走を抑えるとされています。

人間を対象とした実験でも花粉症の目や鼻の症状が改善されることが実証済みです。

これらのヨーグルトを花粉が飛び始める1カ月前から飛散中にかけて、毎日1個以上摂取すると腸内の菌が増加し、症状改善が期待できます。食べ始めて1カ月ほどで効果が見られるでしょう」

花粉症に悩む人は、今すぐ乳酸菌を摂取しよう!

ジャンルで探す