目黒蓮と川口春奈の“待ち合わせカフェ”が4時間待ち…ドラマ「silent」ロケ地の今

「放送を重ねるごとに反響が大きくなっています。駅から遠く、以前は満席になることなんてなかったのに、ロケに使われてからオープン前に150人が並び、最大で4時間待ちの行列ができたほどです」

こううれしい悲鳴をあげているのは、現在放送中のドラマ『silent』(フジテレビ系)の撮影に使われた「アネアカフェ 松見坂」を経営する横町健さん。

同ドラマは、主人公・青羽紬(川口春奈=27)と、耳の病気により聴力をほぼ失ったかつての恋人・佐倉想(目黒蓮=25)の“偶然の再会”から始まるラブストーリー。物語の展開や、キャストの高い演技力が話題を呼び、見逃し配信の再生回数が歴代最高を記録するなど、社会現象を巻き起こしている。

芸能界にもファンが多く、若槻千夏(38)やパンサーの向井慧(36)はドラマに登場した小田急線・世田谷代田駅などをプライベートで訪れている。

そんなロケ地の数々を本誌記者が訪れると、各地で「silentフィーバー」が起きていた!

前出のカフェで紬と想が座った場所は「silent席」と呼ばれ、予約が殺到しているという。

「放送後から予約の電話が一日中、鳴りやまなかったです。なかには“250回電話してやっとつながった”という人も。スタッフの数は倍に、1台だった冷蔵庫も2台に増やしたんです」(横町さん)

実際に、11月7日のオープン前に向かうと、約100人の行列ができていた。「大分県から来ました」(50代女性)と、遠方から訪れるファンも!

紬のバイト先である「タワーレコード渋谷店」も“聖地化”していると、同店で働く広報担当の寺浦黎さんは話す。

「ドラマに出てくる『スピッツのPOP』をそのまま展示しており、ファンの方が毎日たくさん訪れていらっしゃいます。紬と想が恋人だった高校時代のクリスマスにプレゼントし合った有線イヤホンは、品薄状態になるほどの人気ぶりです」

■ロケ地近くに住む人も驚く反響ぶりとは

撮影地の下北沢に住む女性は、silentフィーバーに驚いていると話す。

「今日は友人に『ドラマの撮影スポットを教えてほしい』と頼まれて案内しました。毎日すごい数の人が写真を撮りに来ていますよ。私もこのドラマで目黒クンのファンになっちゃいました(笑)」

■ドラマ「silent」胸キュン聖地7

【タワーレコード 渋谷店】

紬のアルバイト先。「ドラマの公式Twitterで目黒蓮さんが入口の看板を指さす写真が投稿され、ファンの方がまねして写真を撮るスポットになっています」(広報・寺浦さん)

【松原1号踏切】

想と紬が話しているのを、紬と付き合っていた戸川湊斗(鈴鹿央士=22)が目撃した踏切。「ドラマにハマり、大学の友人とロケ地巡り中。世田谷代田駅から30分かけて歩いてきました!」(10代女性・東京都)

【世田谷代田駅】

世田谷代田駅の2番ホームで想を見つけた紬。紬が落としたイヤホンを拾い、8年ぶりに再会することとなったベンチは撮影の順番待ちができるほどの人気スポットに。「Snow Manのファンで大阪から来ました!」(20代女性・大阪府)

【アネアカフェ 松見坂】

想と紬が待ち合わせに使っているカフェ。グッとくるシーンに使われている。「『silent』と書いたラテをSNSで投稿したら5万回再生を超える反響があり、思い出に残ってくれたらと提供をはじめました」(代表・横町さん)

【代田富士見橋】

8年ぶりに再会するも紬の姿を見ると逃げる想。追いかけてきた紬に、想が初めて手話で思いを告白した涙なしでは見られないシーン。天気がよければ富士山が見えるスポット。「衝撃を受けて、いちばん泣いたシーンです」(50代女性・東京都)

【下北沢駅周辺の階段】

想を見つけた桃野奈々(夏帆=31)がリュックのファスナーをわざと少し開け、想に閉めてもらった階段。「いちばん印象に残っています。目黒蓮のファンなので、嫉妬しました(笑)」(20代女性・大阪府)

【GOOD MORNING CAFE 中野セントラルパーク】

想と奈々が訪れたカフェ。「ドラマの放送以降、『silent』の席を予約したいという電話をたくさんもらっています。今まででいちばんの反響です」(店長・中澤ひかるさん)

みなさんも聖地を訪れて、ドラマの世界観に浸ってみては?

ジャンルで探す