髙橋海人「おせっかいにならないようさりげなく支えたい派」

年上女性を思わずキュンとさせてしまう“無防備男子”。ドラマ『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日系・10月15日より毎週土曜23時~※初回1時間SP)でKing&Prince・髙橋海人(23)が演じる役柄は、甘え上手な彼にとってはお手の物かと思いきや、本人いわく大きな試練なのだという。

「少女マンガが大好きなので、胸キュンシーンへの理想が高いんですよ。だから、コンサートや番組の企画でも、自分でやるのは避けてきたところがあって。ジン(神宮寺勇太)とか、ほかのメンバーに任せてたんですよね(笑)。でも今回は、体当たりで乗り越えていきたいと思います!」

髙橋が気合十分で演じるアサヒは、事故で記憶を失ってしまい、自分が何者か忘れてしまった青年。無垢でまっすぐな雰囲気をまとっているのだが、それは髙橋自身のイメージにもぴったりのように思う。しかし、本人にはあまり実感がないようで……。

「自分自身をこういう人間だって定義していないので、似ているかはよくわからないですけど、人への寄り添い方には共感するところがあります。僕も、周りに弱っている人がいたら、おせっかいにはならないように、さりげなく支えになりたいほうなので。メンバーに対してもそう思ってるんですけど、みんなにちゃんと伝わってるかな?」

現場では、ダブルヒロインを演じる桜井ユキ(35)と田中みな実(35)とすでに打ち解け、いつも3人で談笑しているとか。気になるその会話の内容とは?

「たわいもないことで盛り上がってますよ。僕からは、美容に関する質問をすることもありますね。どうしたらお2人みたいな美肌になれるのか、詳しく聞いたりしています(笑)」

ジャンルで探す