新型コロナ 最新の感染状況や対応は

小山田氏辞任で「マツケンサンバ」待望論 佐村河内守を推す声も

《この度の東京2020オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、私がご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております》

7月19日の午後7時ごろ、公式サイトにこう声明を発表したのは東京五輪の開会式で楽曲制作に起用されていた小山田圭吾氏(52)。90年代に複数の音楽雑誌で“いじめ告白”をしていたことが問題視され、自ら辞任を表明したかたちとなった。

小山田氏が辞任を表明する直前の同日午後には、組織委員会のスポークスパーソンである高谷正哲氏(43)が会見で小山田氏の留任を強調したばかり。だが一転し、組織委員会は小山田氏の辞任を受理したのだった。

14日に起用が発表され、わずか5 日で辞任した小山田氏。五輪開幕4日前にして混迷を極めるなか、Twitter上では“奇妙なお祭り”が起こっている。

なんと「開会式の代替楽曲に!」と、松平健(67)の代表曲「マツケンサンバ」を推す呟きが広がっているというのだ。

《え、五輪の曲まじでマツケンサンバでいいじゃん!!!! その方が盛り上がりそうだしそれなら開会式見るわ》
《開幕式マツケンサンバがいいって見かけたけど、マジでそれがいい。マツケンとサムライズで踊ってくれ》
《オリンピック開会式では爆音でマツケンサンバを流してほしい》

■“空白の4分”は「マツケンサンバIIのショートバージョンで」

「マツケンサンバ」がトレンド入りするなど、思わぬ盛り上がりに発展するなか、ここでさらなる追い風が。

同日午後10時すぎに各メディアが、小山田氏が手がけたのは「オープニング映像とともに流れる4分の音楽」だったと報道。また組織委員会の武藤敏郎事務総長(78)は小山田氏が辞任を表明した直後の会見で、「小山田氏の楽曲は使用しない」とも明かしたという。

実は’04年にパフォーマンスが注目され、大ヒットした『マツケンサンバII』(ショートバージョン)も約4分の楽曲。“小山田氏が担当した4分”と重なることから、《マツケンサンバIIのショートバージョンでぴったり埋まる》《某氏が参加した曲は使用しないとの事。4分程度の枠が空いた! マツケンサンバshort ver.でいけるな》など一層期待の声が広がった。

同時間帯には「#新しいオリンピックの音楽担当候補」もトレンド入りし、「マツケンサンバ」以外にも様々な案が続出。《小山田圭吾とバッハに対抗できる逸材はやはり現代のベートーヴェンこと佐村河内守しか…》や《20世紀少年の春波夫こと古田新太さんとかどないやろか》など大喜利状態となった。

思わぬ方面で盛り上がってしまった東京五輪。開幕当日は、どのようなパフォーマンスとなるのだろうか。

ジャンルで探す