草なぎ剛 ギター発表会が豪華すぎと話題!自作曲は40万再生

草なぎ剛(45)が8月4日、「7.2 新しい別の窓」(AbemaTV)でギターのイベント「草なぎ剛 ギターはっぴょう会」を11月に開催すると発表した。さらに大物アーティストにも出演オファーをしたため、ファンの期待が高まっている。

番組で草なぎは「ギターをやり始めてから6~7年経つんですよ」と切り出し、「やる機会は増えてきたんですけど、人前で弾かないとなかなか上達しない。自分の家でばかりやっていてもしょうがないということで、小屋を取っちゃいました」とイベント会場の確保を報告した。さらにTRICERATOPS・和田唱(43)やMIYAVI(37)、奥田民生(54)といった名だたるギタリストたちに直接イベント出演を交渉し、それぞれから好反応が返ってくるという一幕もあった。

昨年4月に放送された同番組で、ギターを始めたのは大杉漣さん(享年66)がキッカケだったと明かした草なぎ。ギターにのめり込むようになって以降、TwitterやInstagramといったSNSでもたびたびギター姿を披露している。また同年3月に放映された「伊右衛門」のCMでギター姿を披露していたのも記憶に新しい。

さらに草なぎには自作曲もあり17年12月、YouTube「ユーチューバー 草なぎチャンネル」にアップされた「いま -新しい地図-」の弾き語り映像は40万回近い再生回数を記録。昨年2月に投稿した楽曲「カメレオン」も35万回近い再生回数となっている。

「ギターはっぴょう会」は草なぎにとって初となるギターイベント。Twitterでは期待の声が上がっている。

《ギターはっぴょう会サポートメンバー豪華すぎてビビっていますww つよぽんの人脈凄いです! 皆さんの予定が合うことを願い、私はチケットゲットの為神頼みします!》
《つよぽんの発表会 期待してます 絶対生ギター聴きにいきたいです》
《生ギター聴きたいよ 新曲も期待してるよ!!》

ジャンルで探す