驚愕の価格高騰っぷり! 激古なのに手が出せない中古国産スポーツ車5選

驚愕の価格高騰っぷり! 激古なのに手が出せない中古国産スポーツ車5選

限定車でもないのに新車時の2倍以上もの価格が付くクルマも

 新型車として手ごろなサイズのスポーツカーがないこともあり、じわじわと価格が上がり続けている昨今。そんななかでもとくに驚愕の値上がり幅を記録しているモデルも存在しつつある。そこで今回はまさかここまで値上がるとは思っていなかった中古スポーツカーをご紹介したい。

1)トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86)

 やはりプレミア価格が付いた中古スポーツカーとして真っ先に脳裏に浮かぶのが、AE86だろう。漫画「頭文字D」のブームで中古車市場価格がハネ上がったときも驚いたが、その頃から価格は下がることはなくむしろ上がる一方。

手が出せないクルマ

一時期はカスタマイズされた車両のほうが高かった時代もあったが、現在ではノーマルに近い個体のほうに高値がついており、フルノーマル10万キロ以下の個体は350万円程度のプライスタグがつけられているのだ。なお、参考までにデビュー時のカローラレビン3ドアGT-APEXの新車価格は156.3万円(東京地区)であった。

手が出せないクルマ

2)ホンダ・シビック(EG6)

 一昔前はライトウェイトスポーツの入門車であったEG型シビック(5代目)のスポーツグレードであるSiRは、当時の免許取り立てでスポーツモデルに乗りたい若者に人気の車種であった。しかし、実際にモータースポーツなどで使い倒される形で良好な個体は減少し、現在ではUS系カスタムやスタンス系カスタムのベース車として人気が再燃した結果、高値安定の車種となってしまった。その結果、ノーマルに近い状態だと距離が10万キロを超えていても100万オーバー、安いものでも70万円弱というのが現状だ。

手が出せないクルマ

3)日産シルビア/180SX(S13型)

 20年ほど前はドリフトをしたければまずシルビアか180SXという時代があり、その理由は格安で手に入るFRターボ車ということだったのだが、気づけばS13型も高値安定の仲間入りをしてしまった。実際、未だにドリフト競技では一線級の戦闘力を持っており、中古車市場でも即競技に参戦できるレベルのカスタマイズを施された個体に高値が付いているが、その一方でフルノーマルに近い個体も200万円前後の価格が付けられており、気軽にサーキットでコースアウトできる車種ではなくなってしまっているのだ。

手が出せないクルマ

4)ユーノス・ロードスター(NA型)

 手軽にオープンエアモータリングが楽しめる車種として人気だったユーノス・ロードスターも、昨年マツダがレストアサービスの立ち上げを発表し絶版部品の再生産を開始して以来徐々に価格を上げ始め、現在では以前から高値を付けていたM2が手掛けたモデル以外も高値安定となりつつある。なかには200万円に迫る個体も存在し、その影響からか2代目モデルのNB型の価格も上昇傾向となっている。一度購入してしまえば部品の供給の不安はほぼないため一生楽しめるモデルではあるが、今後は車両価格の高さがネックとなりそうだ。

手が出せないクルマ

5)日産スカイラインGT-R(R32型)

 R34型スカイラインGT-Rが現役のころは、程度にさえ目をつぶれば100万円以下、場合によっては50万円台で探すこともできたR32型スカイラインGT-R。しかし、アメリカの25年ルールという、登場から25年を経過した車両は連邦自動車安全基準(FMVSS)の適用外となり、煩雑な試験などをパスせずとも輸入することが可能となるルールによって、R32GT-Rにラブコールが殺到。結果的に相場が跳ね上がることとなったのである。現在では安い個体でも200万~、高いものになると500万円台~700万円弱と新車価格かそれ以上のプライスタグが付いているのが現状だ。

手が出せないクルマ

ジャンルで探す