コネタ

アジア初公開車が5台! BMWは注目のZ4コンセプトも展示

最大の注目は挑戦的なデザインのコンセプト Z4

 BMWは、第45回東京モーターショーに「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに、アジア地域では初のコンセプトモデルを含む5モデルをアジア・プレミアとして出展する。5モデルは、BMW コンセプトZ4 、BMW コンセプト8シリーズ 、 BMW M5 、BMW 6シリーズ グランツーリスモ 、 BMW X3。今回注目のアジア・プレミアモデルから、詳細を紹介していこう。

・BMW コンセプトZ4

 BMWで駆け抜ける歓びを実直に表現した、数年後に発売を目標とするデザイン試作車である。空気の流れをイメージした流線型でありながらも全体をダイナミックな印象にまとめ、フロントのキドニー・グリルはBMW 328 Mille Migliaをインスパイアしたクラシックなロードスター・モデルを連想させる。また、縦に2つ重ね合わせたような新デザインヘッドライトも採用した。

・BMWコンセプト8シリーズ

 クーペの核である運動性能を持ちながら、高級感、圧倒的な存在感を実現した、今後導入予定の新型BMW 8シリーズクーペを匂わすモデルである。インテリアに、メリノ・レザーを採用し、宝石のような輝きを放つファセット加工が施されたセレクター・レバー、スワロフスキー製のiDriveコントローラーなど、デザインと素材を生かした装備品で室内の高級感をアップさせた。

・BMW M5

 BMWの高性能スポーツモデルの開発を担うBMW M社が手掛けた、ハイパフォーマンス・セダンである。パワートレイン、サスペンション、エアロダイナミクスをハイレベルにバランス取りし、インテリジェント四輪駆動システム、M xDriveを搭載した。

 カーボン・ファイバー強化プラスチック(CFRP)製ルーフの採用など、四輪駆動システムを装備しつつも軽量化を叶えたハイスペックモデルとなっている。

・BMW 6シリーズグランツーリスモ

 クーペの魅力であるフラットなルーフデザインでスポーティなボディを強調しつつも、ワンランク上の長距離ドライブ時の快適性と、プレミアム・クーペらしい高性能を兼ね備えたモデルである。後席の足もとのスペースが広く取られており、ラゲッジルームは容量610リッターから1800リッターまで拡張できる。

・BMW X3

 ミディアム・クラスにおけるSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新時代を示すモデルとして、スポーティな走行性能を高めたドライブトレインと、高級感のある装備品などを備えている。内装には、クローム加工を随所に散りばめ、パネルやコンソールなどに「X」、「X3」のエンボス加工を施し、Xモデルであることの価値を高めた。

 また最新のiDriveナビゲーションに加え、最先端の部分自動運転機能や安全機能・運転支援機能が搭載され、機能面も向上した。

 次にその他の展示モデルの詳細である。

アジアプレミア以外にもイエローのi8など注目車が多数並ぶ

・BMW M4 CS

 高性能スポーツカーBMW M4をベースに、サーキット走行性能を大幅に向上させた日本では限定60台のモデルである。搭載された3リッター直列6気筒 Mツインパワー・ターボエンジンは最高出力460馬力、最大トルク600N・mを発揮し、0-100km/hの発進加速タイムは4秒を切る3.9秒(ヨーロッパ測定値)を記録した。

 またサーキット・マシンに相応しい、走行シーンに合わせた設定に変更できるアダプティブ M サスペンションを標準装備化した。

・BMW M760Li

 BMWを象徴する7シリーズのトップエンドモデル、BMW M760Liは、上質なデザインと究極のダイナミックな走行性能を備え、さらには極上の快適空間を演出する装備を満載した最高級のラグジュアリースポーツセダンである。

 心臓部には、最高出力610馬力、最大トルク800N・mを発揮する最新の6.6リッターV型12気筒BMW M Performance ツインパワー・ターボエンジンを採用した。

 エクステリアは、M エアロ・ダイナミクス・パッケージに身を包み、セリウム・グレーのマット塗装を施された専用の20インチ Mライト・アロイ・ホイール・スタイリング760Mを装着するなど、高級感のなかにも高性能スポーツセダンの位置付けをしっかりと主張している。

・BMW M2

 コンパクトなボディに、自然吸気エンジンのような魅惑的な吹き上がりと、ターボ・テクノロジーによるハイパワーを兼ね揃えた新開発直列6気筒Mツインパワー・ターボエンジンを搭載し、セグメント唯一の後輪駆動と約50:50の前後重量配分により、リニアなハンドリングと優れたロード・ホールディング性能を可能にする。

 Mモデルであることをアピールすべく、2シリーズ クーペの通常モデルよりも、前後のトレッドとフェンダー・パネルが張り出した力強いスタイルの専用ボディを採用した。

・BMW X6 M

 BMW4輪駆動モデル史上最高の、最高出力575馬力を発揮する新型V型8気筒 M ツインパワー・ターボエンジンを搭載し、ヨーロッパ仕様車ではあるが、4.2秒足らずで100km/hまで加速可能なハイレベルな動力性能を持つ。

 また、8速トランスミッションとxDriveの採用により、4輪駆動の強みである走行安定性を生かしながら、リヤ寄りに駆動力が多く配分されるセッティングで、革新的な技術でMモデルらしいダイナミックな走りを実現している。

・BMW i3

 BMW i から発売された100%電気自動車であり、「大都市における持続可能な モビリティ」として設計から販売までを通して革新的な手法を用いている。大容量リチウムイオン・バッテリーの搭載により、390kmの一充電走行可能距離を得、さらに647ccの発電用エンジンを装備したレンジ・エクステンダーにより511kmまでの走行が可能となった。

 ボディの骨格にはCFRPを採用し、徹底的な軽量化を実施。インテリアにリサイクル可能な再生材を使用するなど、持続可能なモビリティとしての特徴を感じるモデルに仕上げられている。

・BMW i8

 コンパクトカー並の燃費性能と低排出ガスを達成したプラグイン・ハイブリッド・テクノロジー「eDrive (イードライブ)」や、基本骨格にCFRPを採用した先進的なプレミアム・スポーツカーだ。

 フロントの電気モーターとリヤの直列3気筒BMW ツインパワー・ターボエンジンが、発進から時速100kmまでわずか4.4秒という加速するパワーでありながら、ハイブリッド燃料消費率19.4km/Lを実現した。

 今回展示されるProtic Frozen Yellow(プロトニック・フローズン・イエロー)は、マット・カラー「BMWIndividual プロトニック・フローズン・イエロー」の専用ボディ・カラーと、マット加工された20インチ アロイ・ホイールを合わせ、視覚に訴える1台になっている。

 また、LEDライトの2倍の照射距離を持つ次世代ライト「BMW レーザー・ライト」を標準装備した点も注目だ。