【W杯】大金星だけじゃない! 日本人ファンの清掃行為、FIFA絶賛「日本の成功、世界の勝利」

日本ファンのスタンド清掃行為も話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:ロイター】

日本ファンのスタンド清掃行為も話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:ロイター】

ドイツ戦勝利後に清掃する日本人ファンの行為をFIFAが世界中へ発信

 森保一監督率いる日本代表は11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦でドイツ代表と対戦し、2-1と逆転勝利を収めた。ピッチ内の大金星だけでなく、日本ファンのスタンド清掃行為も話題を呼び、W杯を主催する国際サッカー連盟(FIFA)が「日本の成功、世界の勝利」「日本が手にしたのは勝ち点3だけではない」と絶賛している。

 試合は前半33分、MFイルカイ・ギュンドアンのPKで失点。しかし後半途中から投入されたMF堂安律と浅野拓磨の連続ゴールで一気に試合をひっくり返し、2-1と逆転勝利を挙げた。

 FIFA公式ツイッター英語版は「日本が手にしたのは勝ち点3だけではない。W杯で素晴らしい勝利を収めた後、サムライブルー(日本代表)のサポーターが残り、ペットボトル回収やスタジアムの清掃を手伝った」と記し、その様子を紹介している。

 またフランス語版でも同様に日本ファンの行為を写真付きで称えており、「日本の成功、世界の勝利。W杯で勝利したあと、日本ファンのみなさんがスタンド掃除をするため、数分長く滞在した!」と賛辞を送った。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す