究極の卵料理「ウフマヨ」が簡単に作れちゃう! 農水省がレシピを伝授

「ウフマヨ」(農林水産省のXの公式アカウントより)

「ウフマヨ」(農林水産省のXの公式アカウントより)

 ゆでた卵にマヨネーズソースをかけた「ウフマヨ」(ウフマヨネーズ)と呼ばれるフランス料理をご存じでしょうか。そのおいしさから、ネット上では「究極の卵料理」といわれることがあります。農林水産省が、ウフマヨの簡単な作り方について、公式サイトやXの公式アカウントで紹介しています。

余ったソースはゆで野菜にかけるのがお勧め

 農林水産省によると、「ウフマヨ」を作るのに必要な材料、作り方は次の通りです。

【材料(4個分)】
・冷蔵庫から出したての卵4個
・パセリ(みじん切り) 適量

(ソースの材料)
・マヨネーズ 85グラム
・フレンチマスタード 大さじ1
・ハチミツ 小さじ2
・レモン汁 小さじ1
・ニンニク(すりおろす) 1片分
・黒コショウ 少々

【作り方】
(1)冷蔵庫から出したての卵は、殻をむきやすくするために、尖ってない丸い部分に画びょうなどで穴を開ける。

(2)鍋にたっぷりの湯を沸かし、お玉に卵をのせて浮かべるようにそっと入れ、5分ほどゆでる。その後、冷水に取って、冷やす。

(3)ソースの材料をすべてボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。

(4)ゆで卵の殻をむいて器に盛り、ソースをかけてパセリを散らす。

 農水省は「余ったソースは、ゆで野菜にかけてもおいしい!」とXで勧めています。ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。

オトナンサー編集部

ジャンルで探す