「クリスピーチキン」のサイズアップ、どう実現? ファミマ「40%増量」キャンペーン 商品開発の裏側を公開!

40%増量が大変だった商品の組み合わせ(ファミリーマート提供)

40%増量が大変だった商品の組み合わせ(ファミリーマート提供)

 ファミリーマート(東京都港区)が、人気商品を40%増量で販売する「お値段そのまま!! 40%増量作戦」キャンペーンを実施中です。キャンペーン対象商品のうち、同社の商品開発担当者が増量に苦労した商品を紹介します。

「ボリューム」と「安定的な製造」の両立に苦労

 まず、担当者は「開発者の立場で推し商品となるのは、クリスピーチキン、今年初めて対象となる、おむすび、そして昨年から人気のあるサンドイッチです!」と、おすすめ商品を紹介。その上で「40%増量が大変だった商品」として、次の3商品を挙げました。

「開発者が語る、“おいしく40%増量するのが大変だった商品”組み合わせ」
・クリスピーチキン(プレーン)(160円、以下税込み)※1週目(8月2日から8日まで)の増量対象商品
・テリヤキチキンとたまごのサンド(278円)※1週目の増量対象商品
・直巻 焼しゃけ(128円)※2週目(8月9日から15日まで)の増量対象商品

 増量が大変だった理由について、担当者は「クリスピーチキンは、大きさが通常の1.4倍になるため衣付けなどの工程で苦労しました」「サンドイッチは具材を増やして見た目のボリューム感を出しながら、安定した製造ができるトッピング方法に苦労しました」と説明しました。

 また「おむすびは増量にあたり、味のバランスが崩れないよう気を付けました。単純に増量するだけではなく、具材とごはんがバランスよくおいしく食べ進められるよう調整しております」と、製造時に工夫した点も明かしました。

オトナンサー編集部

ジャンルで探す