1回で安心できず? コロナワクチン、効果はいつから? マスクなしに戻るのは…

ワクチン接種を受ける河野太郎行革相(2021年6月、時事、代表撮影)

ワクチン接種を受ける河野太郎行革相(2021年6月、時事、代表撮影)

 新型コロナウイルスワクチンの職域接種が6月21日から本格化し、医療従事者や高齢者だけでなく、若者や壮年層でも、1回目のワクチン接種を受けた人が増えてきています。日本で使用されているワクチンは一定期間を空けて2回目を打ち、しばらくしたら効き目があるとされるものですが、1回目のワクチンを打っただけで「もう、マスクなしで飲み会ができる!」と勘違いする人もいるようです。

 ワクチンの効果が出る時期や、マスクなしの生活に戻れる時期などの疑問について、医療ジャーナリストの森まどかさんに聞きました。

1回で十分な抗体できず

Q.日本で接種が進む2種類の新型コロナ用ワクチンについて、改めて教えてください。

森さん「日本では、ファイザー・ビオンテック社製(以下、ファイザー製)とモデルナ社製のワクチン接種が進んでいますが、どちらも『mRNAワクチン』といわれるものです。新型コロナウイルスの表面にある『スパイクタンパク質』の“設計図”のようなものを投与することで、体内でこのタンパク質が合成されて免疫反応を起こし、ウイルスに対する中和抗体が作られるという仕組みです。

2社のワクチンはどちらも筋肉注射で、一定の間隔を空けて2回、同じ製造元のワクチンを接種します。効能、効果、安全性についてはほぼ同様といえます。2回接種後に一定期間を経た後、発症を抑える効果は海外の臨床試験でファイザー製95%、モデルナ製94%とどちらも高い効果を示しました。イスラエル、アメリカなどでは一般への接種でも、発症を抑える効果が9割以上と報告されています。

主な副反応は接種部位の痛みや腫れ、発熱などですが数日で回復しています。重い副反応としてアナフィラキシーがあり、アメリカで2月に発表された論文では、ファイザー製で100万回につき4.7回と報告されていますが、治療によって全例が回復しています。また、ファイザー製の接種後に心筋炎などの症状が6月13日までに11例確認されたことが、厚生労働省から報告されました。アメリカでも少数ながら、同様の報告があります。現在、因果関係などを評価するための情報収集、調査が続けられています」

Q.1回目のワクチンを打っただけで安心してしまう人もいるようです。2回目を打って、その後、一定期間を経過した人もですが、マスクを外して会食してもよいのでしょうか。

森さん「日本でもワクチン接種が進んできましたが、接種した人でもしばらくは、基本的な感染対策を続ける必要があると考えられています。個人に対するワクチンの効果という点では、先述した高い効果は『2回接種が完了してから一定期間が経過した人』でのデータであり、1回だけでは、個人差はあるものの、十分な抗体ができないと考えられています。

医学雑誌『ランセット』掲載のイスラエルの報告では、1回接種のみでのワクチンの有効性は発症、感染、重症化のすべてで2回接種より劣るそうです。1回でも接種することで心理的な負担が軽減する人は多いと思いますが、その時点では十分な予防効果が得られていないと認識することが重要です。

また、『マスクを外しての会食』が可能になるには、個人だけでなく、社会全体にワクチン接種の効果が表れる必要があります。6月23日現在、日本で2回接種が完了した人の割合は8.66%で、完了していない人の方が圧倒的に多い状況です。

『接種しない』という選択をする人もいますし、既往歴などで接種できない人もいます。さまざまな人が集まり接触する場所では、接種した、しないにかかわらず、引き続き感染対策が求められます。なぜなら、ワクチンは高い感染抑制効果が報告されてはいますが100%ではないため、ワクチン接種後も感染する可能性はありますし、接種後に感染して、無症状や軽症で自覚症状がない人が感染を広げる恐れもあるからです。

さらに、ワクチンの効果がどのくらいの期間続くかも正確には分かっていません。変異ウイルス(変異株)に対して効果が低下する可能性もあるため、コロナ禍以前のように『マスクなしで、大人数で気兼ねなく会食』が可能になるにはもう少し時間がかかりそうです」

Q.2回目のワクチン接種から20日ほど経過していた香川県の男性が感染したとの報道もありました。

森さん「ワクチン2回接種後も発症するケースはあります。もともと、ワクチンで『100%』防げることはないため、20日後に感染することも考えられるのです。また、接種時期に感染していて無症状の場合、気付かずに接種して、数日後に感染が判明することもあり得ます。接種から抗体ができるまでには1週間から2週間かかると考えられており、接種直後、抗体ができる前に感染するということも考えられます」

「ノーマスクには2~3年」説も

Q.「ワクチンを打っても、マスクをしたり、飲み会をしてはいけなかったりするなら、副反応も怖いし、ワクチンは打たない」と思う人もいるようです。ワクチンを打つ意味は。

森さん「ワクチン接種の効果とリスクをどう捉えるかは個々の価値観ですし、誰かに強要されるものでもありません。ただ、“意味”を考える前提として知っておく必要があるのは、今回のワクチン接種は『感染症のまん延予防の観点から、緊急に実施するもの』であるという点です。予防接種法の『臨時接種の特例』に位置付けられ、接種を受けるよう努めなければならない『努力義務』があるとされています。

一般的に打つ“意味”はいろいろあります。感染した場合の隔離や、身近な人への影響をなるべく避けたいとワクチン接種の意味を感じる人もいるでしょう。重症化のリスクが高い高齢者は、ワクチンを打つことが『命を守る』ことに直結するともいえます。

社会全体では、接種率が高まることで社会・経済活動の制限緩和につながり、少しずつでも日常生活が正常化することが期待できますし、発症や重症化を抑えることで医療現場の負担を軽減し、新型コロナ以外の手術や検査、入院が延期されるといった、通常医療への悪影響がなくなることも大きな意味を持つと思います」

Q.「変異ウイルス(変異株)によってはワクチンの効き目が薄れる可能性がある」と国立国際医療研究センターのチームが発表しました。仮にワクチンの効果が低くなったとしても、打った方がよいのでしょうか。

森さん「現在、東京で流行の主体とされる『アルファ株(イギリスで最初に確認された変異ウイルス)』は、ファイザー製ワクチンの有効性に大きな低下はないと考えられています。感染力が強く、日本でも確認数が増え警戒されている『デルタ株(インドで最初に確認された変異ウイルス)』には、効果が若干低下するものの、2回の接種完了によって有効と確認されています。

南アフリカで最初に確認された『ベータ株』やブラジルで最初に確認された『ガンマ株』も効果の低下が指摘されていますが、ある程度の予防効果は保てるのではないかと考えられています。こうした報告を総合的に見ると、現在確認されている変異ウイルスを理由に接種を取りやめる必要はないと思います」

Q.マスクなしで暮らせるのはどういう条件が整ったときで、どのくらい先になりそうでしょうか。

森さん「『屋内でも屋外でも完全にマスクを着用しなくてよい』という状況は、どのくらいの人が免疫を持つ状態になるかに委ねられています。『2~3年かかる』という見解を示す専門家もいます。海外の状況を見ると、ワクチン接種率が40%を超えたあたりで流行が沈静化しています。日本は欧米より感染者の割合が低く、現時点で国民の約0.6%であることを考えれば、ワクチン接種率が50%くらいになれば流行が沈静化し、屋外ではマスクなしで暮らせるようになるかと思います。

日本でのワクチン希望者の数にもよりますが、年内には希望者への接種が一通り完了するのではないかと予想しています。免疫を持つ人が60%から70%を超えれば、いわゆる『集団免疫』の獲得を期待できると言われていますが、集団免疫の効果がどれほどか、まだ分かっていませんし、若い世代の接種率は高齢者ほどではないと予想されていて、集団免疫によってマスクを完全に外せるほどの高いワクチン接種率を達成するのは少々、ハードルが高いと思います。

とはいえ、高齢の家族がワクチンを接種していれば、年末年始の帰省や親戚の集まり、少人数での会食などは問題ないといえる状況にはなっているかと思います。まずは、不特定多数の人が交わる場所でのマスク着用、手洗い、換気などの基本的な感染対策をしていれば、ある程度制限なく生活できるという状況が年内に戻ってくることを願っています」

オトナンサー編集部

ジャンルで探す