緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

5人以上はダメでは…? 菅首相ら8人会食、コロナ感染対策に悪影響は出ない?

菅義偉首相(2020年10月、時事)

菅義偉首相(2020年10月、時事)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が5人以上の会食を控えるよう国民に呼び掛ける中、菅義偉首相や自民党の二階俊博幹事長ら8人が12月14日、東京都内のステーキ店で会食を行い、ネット上では「国民には自粛を押し付けておいて何だ!」「自粛するのがバカらしい」など批判が殺到しました。国のトップである首相が大人数の会食に出席したことは、新型コロナウイルスの感染対策にどのような影響を与えたのでしょうか。医療ジャーナリストの森まどかさんに聞きました。

国民との信頼関係が崩壊

Q.菅義偉首相の会食の2日後、西村康稔経済再生相は「5人以上の会食が一律で駄目とは言っていない」と話し、新型コロナウイルスに対する政府のあいまいな姿勢が浮き彫りとなりました。このことは、新型コロナウイルスの感染対策にどのような影響を与えたのでしょうか。

森さん「そもそも、感染対策と経済対策の両立という方針を継続する現在の日本において、感染対策は個人の価値観や考え方に委ねる『呼び掛け』にとどまっています。呼び掛けによる感染対策の徹底は、国と国民の間に信頼関係がなければ成り立つことが難しいです。

そのような中、(1)東京を中心とする首都圏、北海道、大阪府、愛知県などでは感染確認数の増加や高止まりが続く(2)全国的に見ても、過去最多の感染確認数を更新する地域が多発している――といったことから、感染リスクが高いと分かっている飲食機会での行動には連日、警鐘が鳴らされてきました。また、65歳以上の高齢者が重症化するリスクが高いことはデータでも明らかな上、専門家も注意を呼び掛けてきました。

そうした情報に基づいて、国民が適切な判断をしていく必要がある時期、自民党の二階俊博幹事長(81)、プロ野球ソフトバンクホークスの王貞治球団会長(80)、俳優の杉良太郎さん(76)、タレントのみのもんたさん(76)ら高齢の人たちが集まって会食を行い、そこに、日々の行動が報道される首相も参加したことは感染対策の方向性が大きく揺らいでいる印象を与えました。

さらに、西村大臣が公にこれを肯定する発言をしたことは、対策の前提である信頼関係を損なう結果につながりかねません。今後、個人の判断基準までがあいまいになる可能性があり、コロナ禍での行動格差をさらに広げることにもなりかねないため、感染予防においてマイナスに働くのではないでしょうか」

Q.「首相が会食をしても平気だったから怖くない」などと楽観的に考え、年末年始に大人数での忘年会や新年会を開く人も出てきそうです。どのようなリスクがありますか。

森さん「本来であれば、菅首相が会食したことと、各個人が『感染しない、させない』ために会食を控えることは関連付けることではないと思います。しかし、首相の会食が報じられることによって、『会食でのリスクは高くない』という認識につながったとすれば、忘年会や新年会の場での感染対策がおろそかになる可能性はあります。大人数で会食すると大きな声で話しがちになるため、飛沫(ひまつ)の量が増えます。また、飲食中はマスクを外すので飛沫による感染リスクがより高まります。

また、新型コロナウイルスは発症前の人や無症状感染者からも感染する可能性があることが分かっています。もし、そうした人たちが忘年会や新年会に出席し、同席した人が感染した場合、家族や知人に感染を広げるリスクや『濃厚接触者』となり得る人を増やすことにつながります。それが普段行動を共にしている人ではない人との会食であれば、参加者それぞれのコミュニティーにウイルスが持ち込まれ、広範囲に感染拡大する可能性もあります」

Q.時短営業をしてきた飲食店が首相の会食報道で「自粛はばかばかしい」と通常営業に戻した場合、どのようなリスクがありますか。

森さん「『自粛がばかばかしい』というより、店の存続のために時短営業が選択できないという経済的な理由から、通常営業する飲食店も多いと思います。

例えば、これまで時短営業していた飲食店が深夜営業を再開した場合、長時間飲酒する客が増える影響で、客が大きな声を出したり、マスクの取り扱いや手指消毒など基本的な感染対策をおろそかにしたりする可能性はあります。また、今の時期は特に夜の外気温が低いため、換気もしにくい状況であり、不特定多数のグループが同じ空間に長時間いることが感染リスクの高い環境につながる可能性も考えられます。

飲食店関係者が心掛けるべきことは換気、店内の消毒、スタッフの体調管理の徹底とマスク着用などに加え、感染が拡大している地域では特に、入店人数を調整してテーブルの間隔を広めにすることや大声で会話をしているグループへの声掛け、食後の歓談が中心となっているグループにはマスクの着用を促すことなどです。一般社団法人日本フードサービス協会などが作成した『外食業の事業継続のためのガイドライン』に示された感染対策を再度確認し、スタッフ間で共有しましょう」

帰省や初詣、どうする?

Q.西村大臣は12月23日、首都圏からの帰省について慎重に検討するよう呼び掛けました。年末年始の帰省や初詣は控えた方がいいのでしょうか。もし、帰省や初詣をする場合、どのような対応が必要でしょうか。

森さん「帰省も初詣もそれ自体が感染リスクを高めるのではなく、一時期に人が集中することや、帰省や初詣に伴う行動によってリスクが高まります。感染拡大している地域からの帰省であれば、延期を含めて慎重に検討することが望ましいですが、さまざまな事情や、夏に帰省がかなわず、『家族の顔を見たい』『孫の顔を見せたい』といった思いから帰省する人もいると思います。

もし、年末年始に帰省を考えている場合は、帰省予定日のおよそ2週間前からの行動を振り返って、感染リスクの高い場面がなかったか思い出し、体調に変化がないことを確認してください。その上で、家族単位で車移動したり、公共交通機関であれば、混雑しない日や時間帯を選んだりといったことが大切になります。

帰省先では、家の中でも常にマスク着用を心掛け、高齢者など重症化リスクが高い人がいる場合は、宿泊や食事を別にすることも必要です。大人数が集まる会食、久しぶりに会う人たちとの会食は避け、マスク着用、手指消毒、『3密』の回避など基本的な感染対策を徹底しましょう。

初詣は、人が少ないタイミングで地元の神社を家族で参拝することはそれほど問題ないと思います。しかし、参拝客が密集した状況で長時間並んだり、参拝の前後に新年会をしたりといった行動は感染リスクが高くなるため、避ける必要があります」

Q.今後も感染予防の意識を維持するために、どのようなことを心掛けるべきでしょうか。

森さん「感染拡大している地域では特に、誰がいつ感染しても不思議ではない状況が続いています。20代、30代では無症状や軽症が多いと伝えられていますが、中には味覚や嗅覚が戻らなかったり、頭痛や倦怠(けんたい)感が続いたりといった後遺症が出る人がいることも分かっています。また、軽症者の容体急変も相次いで報告されていて、どの世代の人も注意が必要な感染症です。『自分が感染しないこと』『誰かに感染させないこと』を『自分事』として捉えることがまずは大切です。

ワクチンへの期待が高まっていますが、元のような日常に戻ることはしばらく難しく、社会・経済活動を続けながら、感染が拡大したり、落ち着いたりすることを繰り返すと思われます。だからこそ、過剰に緊張感を持つのではなく、基本的な感染対策を心理的な負担なく継続することが各個人に求められます。『しばらくは新型コロナウイルスと付き合っていく』という覚悟が感染防止意識の持続につながると思います」

オトナンサー編集部

ジャンルで探す