借金まみれの母から“衝撃の言葉”を言われた過去を漫画に 11歳の私が猛反発すると…

母との衝撃的な出来事を描いた漫画のカット=丸川 こあめ(@marukawakoame)さん提供

母との衝撃的な出来事を描いた漫画のカット=丸川 こあめ(@marukawakoame)さん提供

 母との衝撃的な出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。11歳の頃、母親に「一緒に死んで」と告げられた女性。猛反発しますが、その後、母親はとんでもない行動に出て…という内容で「何という恐怖体験」「私も言われたことがある」「生きてくれていてよかった」「重いテーマなのに、笑いも入れてすごい」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

衝撃的な経験に笑いを交える

 この漫画を描いたのは、丸川 こあめ(ペンネーム)さんです。専業主婦をしながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのはいつ頃からですか。

丸川さん「漫画を本格的に描いたのは今回が初めてです。これまでは、4コマ漫画などを制作し、ブログで発表していました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

丸川さん「以前、さくらももこさんの『うちはびんぼう』という漫画を読み、『あぁ、貧乏をこんなに面白く描いて生きていけるんだ』と私自身、すごく助けられました。それがきっかけで、『自分の経験を漫画で面白く描き、同じような境遇の人に見せられるだろうか』と思い、描いてみました」

Q.お母様はどんな方でしたか。

丸川さん「家を空けることが多くギャンブルに走ることもありましたが、私のことを褒めてくれることもありました。私は母が好きだったので、炊飯や家の掃除などの家事もよく手伝っていました。子どもにとって、母親の存在はやはり大きかったです」

Q.「お母さんと一緒に…」と言われた時の気持ちは。

丸川さん「かなり衝撃を受け、同時に強い怒りを感じました。それまでは母の悪い面から目を背け、気づかないふりをしていましたがそれが一気に爆発したような感じです。また母に対し、漫画で描いた分の10倍は文句を言いました。母を信じていた自分への怒りもあったのかなと思います」

Q.読者からどのような意見が寄せられていますか。

丸川さん「驚きの意見を多く頂きましたが、私と同じような境遇の方からも意見を頂き、心が痛くなることもありました。応援してくださる方もいらっしゃいました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

丸川さん「未定です」

報道チーム

ジャンルで探す