未知の生物? チンアナゴに足の生えた寿司チェーンの人形が「シュール」と話題に、担当者に聞く

「黄昏のギョジン」のチンアナゴ(くらコーポレーション提供)

「黄昏のギョジン」のチンアナゴ(くらコーポレーション提供)

 回転寿司(すし)チェーンの「くら寿司」で景品などとして入手できる、チンアナゴやサメに足が生えたデザインの人形が話題になっています。ちょこんとテーブルの端にのせることができ、足が自由に動く構造で、SNS上では「かわいい」「シュールだ」「全種類集めようとした」などの声が上がっています。運営会社「くらコーポレーション」(堺市)の広報担当者に制作の経緯を聞きました。

お気に入りのポーズで写真を

 人形は「黄昏(たそがれ)のギョジン」というシリーズ名のオリジナル商品で、チンアナゴ3種類、サメ2種類、タコ2種類の計7種類があります。いずれも、人間のような“2本足”があり、自由に動かしてさまざまなポーズが可能です。全長約8センチ、座高約4センチで、直径約5センチのカプセルに入っています。2018年1月から、くら寿司店舗内のガチャマシンで販売(1個100円)しているほか、6月14日までは、寿司5皿で1回ゲームができる「ビッくらポン!」の景品として当たることもあるそうです。

 くらコーポレーション広報宣伝部の辻明宏さんに、制作の狙いや経緯を聞きました。

Q.チンアナゴ、サメ、タコをモチーフにしたのはなぜですか。

辻さん「くら寿司は海の魚を扱っておりますので、寿司ネタ以外も含めて魚に興味が出るアイテムにしたい、という思いがありました。チンアナゴはかわいらしさのある海の生き物として人気がありますし、サメやタコは表情の違いが出せるキャラクターになると思い、選びました」

Q.足を人間のようにしたのはなぜですか。

辻さん「ただの魚のフィギュアではない、楽しさ、面白さをプラスしたいと思いました。かわいいのか、気持ち悪いのか判別がつかないような、良い意味で『絶妙な違和感』を与える商品を考えました」

Q.どんな使い方や遊び方を想定していましたか。

辻さん「置いて飾る人形としても、動かして遊ぶ人形としても成立するように作っています。関節の曲がる足を付けることで、ポージングの自由度が上がり、手にした時に、『自分のお気に入りポーズ』を探し、それを思わず写真に撮ってしまいたくなる商品を目指しました」

Q.製造上の苦労はありましたか。

辻さん「メーカーさんは、関節の調整に苦労されていました。何度もサンプルを作りながら、ポージングをさせる時に絶妙な関節の加減を調整してもらいました。魚の一部に『くら』『KURA』といった隠し文字を入れ、手にした人に見つけてもらう楽しみも付けました」

Q.反応はいかがですか。

辻さん「SNSを見ると、お客さんに喜んでもらっているようで、うれしく思います」

 くら寿司は現在、国内に約400店がありますが、「ビッくらポン!」は6月15日から別の景品を展開するため、「ギョジン」シリーズはいったん終了し、7月以降に一部店舗で再開。ガチャマシンでは、6月15日以降も在庫がある店は販売が続くそうですが、いずれも「人気商品で、在庫がなくなっている店もあるため、お店へ事前に問い合わせをお願いします」(辻さん)とのことです。(報道チーム)

ジャンルで探す