新大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」TDLに2020年登場

東京ディズニーランドに導入される新施設の名称が発表されました。「美女と野獣“魔法のものがたり”」「ベイマックスのハッピーライド」などが登場します。

『ベイマックス』テーマのアトラクションも

 オリエンタルランドは2018年12月6日(木)、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)に新たに導入する各施設の名称を発表しました。

Large 181206 tdlkaihatsu 01

大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」の体験シーンのイメージ(画像:オリエンタルランド)。

 園内7つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つにまたがる総開発面積約4万7000平方メートルの場所に、大型アトラクションや全天候型シアター、レストランなどを新設します。総投資額は約750億円です。

「ファンタジーランド」には、映画『美女と野獣』をテーマにしたエリアが誕生。高さ約30mの「美女と野獣の城」のなかにある大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、映画の曲に合わせて踊るように動くライドに乗り、約8分間、映画の名シーンを巡ります。また、近くには東京ディズニーランド初となる約1500人収容の本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」も開設。オリジナルのプログラムが公演されます。

Large 181206 tdlkaihatsu 02

屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」のイメージ(画像:オリエンタルランド)。

Large 181206 tdlkaihatsu 03

アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」のイメージ(画像:オリエンタルランド)。

Large 181206 tdlkaihatsu 04

「ミニーのスタイルスタジオ」のイメージ(画像:オリエンタルランド)。

「トゥモローランド」は、映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」が登場。キャラクター“ケア・ロボット”が引っ張るライドは、予測不能な動きをするといいます。体験時間は約1分半です。

「トゥーンタウン」では、ミニーマウスと会える「ミニーのスタイルスタジオ」もオープンします。

 このほかレストランや物販店なども開設。2020年春の開業に向けて建設が進められます。

ジャンルで探す