意外と低い戦車の稼働率、クルマのようにいかないワケ ドイツ電撃戦などの実態は…?

戦車の運用は、実は故障との戦いでもあります。現在においても、国産車のようにほぼ壊れないよう作ることができないのには、もちろん理由があります。

戦車は敵と戦う前に故障と戦う

 日常使うクルマはエンジンキーを回しさえすれば、すぐにエンジンが掛かって走らせることができます。日本の国産車は年1回の定期点検程度で十分、故障することもほとんどありません。一方戦車は違います。カタログデーター通りの性能をいつも発揮できるのはゲーム上だけのお話で、この戦車は動くけど砲が撃てない。こっちは照準装置が不調。あっちは無線機の調子が悪い。などというのが戦車部隊の実情です。

Large 181116 tank 01

74式戦車が砲身を交換されている。細長い精密機器である砲身の取扱いには細心の注意が必要(月刊PANZER編集部撮影)。

 普通のクルマを運転する時、アクセルは精々踏み込んでも半分ぐらいで、いっぱいまで踏み込むことはほとんどないと思います。しかし戦車の場合は常に8割ほど踏み込んでおり、フルアクセルもしょっちゅうです。くるまが旋回するときは遠心力を抑えるためアクセルを緩めますが、戦車は覆帯の抵抗が大きくなるので逆にアクセルを踏み込みます。つねにエンジンやトランスミッション、覆帯には大きなストレスが掛かっています。

Large 181116 tank 02

重装輪回収車(左)は、96式装輪装甲車などの大型装輪車を牽引できる能力を持つ(月刊PANZER編集部撮影)。

Large 181116 tank 03

野戦状況で82式指揮通信車(右)のエンジンを素早く交換する(月刊PANZER編集部撮影)。

Large 181116 tank 04

82式指揮通信車のエンジンはユニット化され交換しやすくできてはいるものの、環境の悪い露天、野外作業で重量のある精密部品を扱うのは大変(月刊PANZER編集部撮影)。

 そもそも戦車は走り回るのは苦手です。重い鋼鉄の塊を大馬力のエンジンで、走行抵抗の大きな覆帯(いわゆるキャタピラー)を回して無理やり動かしているのです。動けば動くだけ壊れるのが戦車で、普通のクルマとは故障頻度の桁が違います。戦車は敵と戦う前に故障と戦わなければならないのです。

WW2の戦車大国、独ソではどうだった?

 第二次大戦初期のドイツ軍戦車部隊といえば「電撃戦」でさっそうと進撃したイメージがありますが、実際はそうでもありません。たとえば1938(昭和13)年のオーストリア進駐時、ドイツ軍戦車部隊は700kmを行軍して30%近くが故障して落伍しています。まだ開戦前であり戦闘を交えず舗装道路をただ走っただけです。進撃路脇には故障して立ち往生しているドイツ戦車が点々といたのです。

 優秀なT-34戦車を生み出したソ連も「負けていません」。ドイツとの戦端が開かれた1941(昭和16)年6月22日からのバルバロッサ作戦で、もっとも装備が充実していたとされるソ連第32戦車師団は、最初の1ヶ月で配備していたKV-1重戦車49両の内37両、T-34中戦車173両の内146両を失っています。ほぼ全滅ですが戦闘損失は3割に過ぎず、5割が行軍途中の燃料切れと故障、2割が戦車兵の未熟な操縦による事故による損失と記録されています。

Large 181116 tank 05

陸自重装輪回収車。日本ではあまり見ないキャブオーバー型で、エンジンは運転台の後ろに。動けなくなった装輪装甲車の回収や、整備支援が役割(月刊PANZER編集部撮影)。

 ある研究では、戦車は走行距離300kmで1回故障すると見なされており、これを1個戦車師団に当てはめると1時間の行軍で2%から20%の戦車が故障で落伍することになるとされています。戦車を万全な状態に保つには1日約8時間マンアワーの労力が必要と言われ、戦車兵の仕事は戦車に乗っているより、工具を握っている時間の方が長いといっても過言ではありません。

稼働率100%は無理

 部隊が持っているどれだけの戦車がまともに走って撃てるかを表す「稼働率」という管理指標があります。エンジンキーをひねればすぐ動く普通のクルマは稼働率100%ということになります。

Large 181116 tank 06

レオパルド2の覆帯修理を行うポーランド陸軍戦車兵。50tもある戦車ゆえ簡単にレッカー移動というわけにもいかず、渋滞の要因に(画像:ポーランド国防省)。

 湾岸戦争でアメリカ軍戦車の稼働率は70%以上をキープしましたが、この数字さえ驚異的で、これこそ何も無い砂漠のまんなかに補給基地を作ってしまうようなアメリカの後方支援部隊による不眠不休の働きと物量の賜物です。アメリカ軍戦車部隊の指揮官は敵イラク軍の動きよりも、味方の後方支援部隊がどこまで付いてこられるかを気にして作戦を立てたといいます。フランス陸軍は予算の制約でパーツ供給が滞り、戦車の稼働率が約4割まで低下し問題になったこともあります。現代戦車はカタログデーターこそ高性能ですが、この高性能はつねに発揮されるという保証はありません。

 ひと口に戦車といっても、大砲や機関銃といった武器系、エンジンやトランスミッションといった機関系、射撃管制装置といった電子機器系、無線機といった電装系など様々なパーツの集合体です。各パーツの整備にはそれぞれ別の専門家が必要で、1台の戦車を完全にオーバーホールするには1か月以上掛かるといいます。また各専門家の連携が必要であり、専門家を育てることが稼働率を上げることになります。

Large 181116 tank 07

ポーランド軍によるレオパルド2戦車の覆帯修理。覆帯のセンターピンを交換しようとしているが、重い部品を狭い場所で扱う作業性はとても悪い(画像:ポーランド国防省)。

Large 181116 tank 08

覆帯は大きな鉄の塊を連結したもので、ひとつでも重く、手作業での交換は大変。ほかの戦車の乗員も手伝いに駆けつける。(画像:ポーランド国防省)。

Large 181116 tank 09

作業は乗員全員の協力が必要な重労働で悪態が聞こえてきそうである。まだ地面がぬかるんでいないだけ救われる(画像:ポーランド国防省)。

 そうした専門家を育てる機関として、たとえば陸上自衛隊には「武器学校」があります。各種装備品の整備員を養成する整備教育が実施されており、その一環として、最新装備が教育用に真っ先に配備され、陸上自衛隊が装備している戦車、装甲車、車両、大砲、ミサイル(誘導弾)、小銃に至るまで多彩な装備を教材として持っています。16式機動戦闘車、水陸両用車(AAV)といった最新装備の一方で、八九式中戦車といった旧日本陸軍の戦車や大砲などの古い装備も資料として保管しているのです。ほか武器学校においては、後方支援部隊などの指揮官、幕僚の養成や、不発弾処理などの教育が実施されています。

 ある日クルマで出かけようとすると、バッテリーが上がっていて焦るといったことは、クルマのオーナーなら誰しもに起こりえます。機械は故障するもので、それが何時やってくるのかは確率の問題です。稼働率100%の状態がほっといても続くということはありません。戦車のようにつねに整備点検を心がけたいものです。

ジャンルで探す