カカクコム、食べログの「有料会員の点数優遇」のうわさを否定 評価の基準については明かさず

画像は食べログより

 飲食店の口コミ投稿サイト「食べログ」を運営するカカクコムは10日、食べログ内の点数やランキングに関する報道についてサイト上で釈明しました。食べログを巡っては5日ごろから「有料会員登録をしないと星3.6以上の評価にならない」とするうわさがSNS上で流れ、その評価の透明性が疑問視されていました。

【画像】カカクコムの釈明

 カカクコムは、食べログにおける店舗の評価について「各ユーザーの影響度によって重み付けされた評価をベースとして、店舗の点数を算出している」としつつ、「課題が見つかるたびに見直しているが、点数操作を防ぐため詳細は非公開」「定期的に点数を更新している」としており、評価基準は明かしていません。一方で、有料サービスによって点数・ランキングが優遇される可能性については「一切ない」と説明しました。

 また、口コミについても「全ての口コミに対してシステムチェックと目視確認を24時間以内に行っており、規約・ガイドライン上問題のあるものは修正依頼や削除を行っている」としています。

 食べログに対しては、2016年にも飲食店オーナーが「店舗評価が突然星3.0に下げられた」とTwitterに書き込み物議を醸すなど、その透明性を疑問視する声は以前から度々あがっていました。

ジャンルで探す