「第11回京都アニメーション大賞」作品募集を一時停止 ファン感謝イベントも変更

告知

 京都アニメーションは8月14日、「第11回京都アニメーション大賞」の作品募集を一時停止すると発表しました。7月18日に発生した放火事件の事後対応に当たっているためとしています。

【その他の画像】アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

 第11回京都アニメーション大賞は6月に募集を開始し、現在も多数の作品が連日届けられているとのこと。しかし事件対応により、作品募集を一時停止し、問い合わせなどに対する大賞事務局の対応も一時停止に。既に受けている問い合わせについても、返答までしばらく時間がかかるとしています。今後についてはあらためてWebサイトで知らせるとしています。

 京都アニメーション大賞ではこれまでに「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「中二病でも恋がしたい!」などが受賞しアニメ化されています。

 また11月に予定しているファン感謝イベント「私たちは、いま!!―2年ぶりのお祭りです―」についても、「届け!京アニ&Doのいろいろ編」(京都市勧業館)の内容を一から見直していると発表されました。

 大幅な変更が想定されるため、入場チケットの受付を一時停止に。また同イベントのステージイベントは全て中止となります。見直し後のイベント内容は決定次第Webサイトで案内するとのこと。

ジャンルで探す