【マンガ】目の前が真っ暗になる「ブラックアウト」 他にも「レッドアウト」「ブラウンアウト」があるって知ってた?

4コママンガ

 体に強烈な重力加速度(G)がかかることで、視界が真っ暗になる「ブラックアウト」。主に、航空機のパイロットなどに起こる症状とされていますが、ゲームや映画などを通じて意味を知っている人も多いのでは?

【4コマのつづき】

 このような視界が一色に覆われる現象は他にもあり、「ブラウンアウト」「レッドアウト」など、それぞれ異なる色の名称がつけられています。一体、どんなものがあるんです?

●解説

 ブラックアウトの原因は、戦闘機の急旋回などにより、下方向に大きなGがかかること。頭部に血液が回らなくなった結果、一時的に視野を失い、目の前が“ブラック”になります。視野喪失までは起こらなくても、周囲が暗く見えたり色がなくなったりする場合は「グレイアウト」と呼ばれます。

 これとは反対方向にGがかかり、血液が頭部に集中すると起こるのが「レッドアウト」。眼球が充血することで、視野が赤くなります。

 人体ではなく、周囲の環境によって視界が一色に覆われる現象もあり、航空機の着地時などに砂ぼこりが舞い、地上の様子が確認しにくくなることは「ブラウンアウト」。吹雪などで周囲の状況把握が難しくなる場合は「ホワイトアウト」といいます。

 ちなみに、これらの「○○アウト」は、全く別の意味で使われることも。例えば、ブラウンアウトは電圧低下(による電気供給量の低下)、ブラックアウトは停電を指すことがあります。電気が使えなくなることで、外界の色合いが一変してしまうというわけです。また、PCユーザーのあいだでは「ブラックアウト=画面が真っ黒になること」「ホワイトアウト=画面が真っ白になること」として使われることがあるようです。

●主要参考文献

・総説 航空の歴史と航空医学の発展(宇宙航空環境医学)

・青森空港(国土交通省)

ジャンルで探す