Google、仮想通貨の広告を禁止 6月から

新たな制限の告知

 米Googleは2018年6月から、仮想通貨の広告を禁止する方針を明らかにしました。

【その他の画像】金融サービス広告ポリシー

 禁止となるのはバイナリーオプションや同様の製品、仮想通貨と関連コンテンツ(ICO、仮想通貨取引、仮想通貨ウォレット、仮想通貨取引の助言も含む)の広告。

 これは金融サービス広告ポリシー更新の一環で、CFD(差金決済取引)、ローリングスポットFX、金融スプレッドベッティングの広告も制限されます。

 Facebookは1月に、仮想通貨やICOの広告を禁止することを発表しています。

ジャンルで探す