吉本興業の超ゴタゴタ、「株主」テレビ局の責任

吉本興業の岡本昭彦社長が登壇した会見は各方面から痛烈な批判を浴びた(撮影:大澤 誠)

7月22日に東京都内で開かれた吉本興業・岡本昭彦社長の会見が波紋を拡げている。

7月20日に行われた宮迫博之さんと田村亮さんの「涙の会見」により、所属タレントをそこまで追い込んだ事務所への「逆風」が一気に強まった。

2人の会見で世間の空気は「そもそもは宮迫と亮が悪い。しかし事務所のやり方もひどい」となったのだ。

特に宮迫さんが会見で明かした岡本社長による「テープ回していないだろうな」「会見をやってもいいけど全員連帯責任でクビ。自分にはその力がある」などの〝パワハラ〟発言は大きな衝撃を与えた。

さらに田村さんによれば「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」との発言もあったという。

「株主のテレビ局」も今回は容赦ない

しかし「株主のテレビ局」も、今回の件は容赦がなかった。

ビートたけしさんは20日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」で「猿回しの猿が人を噛んだら、謝るべきは飼い主」と事務所の対応を強い口調で批判した。吉本興業の大物・松本人志さんも21日放送のフジテレビ「ワイドナショー」で「吉本興業はこのままじゃ壊れていく」と危機感を口にした。加藤浩次さんは日本テレビ「スッキリ」生放送で鬼の形相で事務所のあり方を非難した。

従来、多くの芸人を出演させていることで強いつながりのあるテレビ各局も容赦はしなかったのだ。

その逆風に耐えかねてか、泥縄式に開かれたような岡本社長の記者会見。

「ああいう記者会見させてしまったことに対して、深くお詫び申し上げます」と切り出した岡本社長は、宮迫さんと田村さんに対する「処分の撤回」、そして自らは「1年間、50%の減俸」とすることを発表した。

しかし処分撤回の理由は「会社の総意」と、曖昧な説明に終始して明確な返答はなかった。

また自らが〝辞任〟ではなく1年間の減俸であることにも厳しい質問が浴びせられた。

そして「テープ発言」については「緊張をほぐすための〝冗談〟のつもりだった」と説明、「全員クビ」に関しては、「父親が息子に"勘当や"というか"ええかげんにせえ"という感じだった」と発言を認めた。その一方で「それは結果相手に伝わってないってことは、僕が思っている彼らとの距離感と彼らが思っている距離感がギャップがあったと。それは大いに反省しなければならないと感じています」と弁明をしたのだった。

元々ダウンタウンのマネージャーだった岡本社長は、同じくダウンタウンを見出し育てた大崎会長によって社長の座に引き上げられた。

現場上がりのたたき上げではあるが、宮迫・田村会見で垣間見えた「パワハラ的」な部分のあるタイプなのだろう。

松本人志さんも「ちょっと言葉が横柄になることあって。今回も悪い所が出たんだろうなと」と岡本社長の〝横柄さ〟を認めている。

さらに22日放送の「スッキリ」でも加藤浩次さんが「僕は岡本さん、よく知っていますけど、そういうことをする人です」「若い子にそういうことしているのを見たし、社員に恫喝みたいな『おい、お前ら』って言う人だということも知っています」と断言している。

いわゆる〝古いタイプの芸能界気質〟が身についているのだろう。

無名新人タレント「謎」のバーター出演

岡本氏が本社社長になる以前、東京本社のトップになった頃から、彼の「強引なやり方」をテレビ各局は目の当たりにしてきたのも事実である。

私自身、経験がある。

演出を担当する新番組の立ち上げ時に、ある吉本興業の芸人さんをレギュラー起用したいと持ちかけたところ「それは有り難いが、併せてぜひ〝この女子タレントA子(仮名)〟も起用してほしい」と無名の新人タレントをレギュラー起用するように求められたのだ。

失礼ながらA子さんはまったく知らないタレントである。アイドルという感じでもなくグラドル、芸人でもない。タレントとして華があるようには見えず、トークができることもない。

吉本興業と折衝に当たっている人に「A子って誰ですか? 女性の若手芸人ならともかく、どこからこの子の名前が出てくるんですか?」と聞くと「岡本氏からの強い意向だ」という。

テレビ局と芸能界には〝バーター出演〟という、いわば抱き合わせ商法がある。テレビ局からしてみるとメインの出演者に出てもらう際に、同じ事務所が推すタレントも出演させるというもので、長年の慣習でもある。

テレビ局からしてみるとバーター出演は比較的安い出演料で〝タレントのお試し〟ができるのと、芸能事務所への〝貸し〟にもなるのだ。またバーター出演でチャンスをつかんで人気者になるタレントもいるので、バーター出演は一概にネガティブなものだ、とは言えない。

ただしそれは、バーターで出るタレントに番組サイドから見ても「何らかの魅力」があることが前提である。「バーターだけど、別のコーナーで身体張ってもらうと面白いかも」「スタイル良いからグッズ紹介時に全身映すと良いかも」など、番組もせっかくの若いタレントを活かすように考えるのだ。

ところがそのA子さんには、「何も、なかった」のだ。

「いやー、さすがにこんなタレントを、しかもレギュラーでなんか、無理です」

私は当然断った。バーターならほかにもいるはずだ。大人数を抱える吉本興業である。

バーターなしなら芸人の出演も流れそうな雰囲気に

いったん断ったあとの吉本興業からの返答は「いや、どうしてもA子を起用してほしい」だった。

「それは無理です」

「岡本氏の意向です」

「別なタレントならいいですけど」

「それでは駄目だと」

そして、A子をレギュラー起用しなければ、最初に希望した芸人の出演も流れそうな雰囲気になってきたのだ。

押し問答が何度かあったが、結局、A子さんはレギュラーとなった。

岡本氏が〝強引さ〟によって日テレの番組キャスティングを突破したのだった。

このような出来事が、おそらくさまざまな番組、テレビ局であったのだろう。

そして「テレビ局は株主だから大丈夫」という意識につながっていったのではないだろうか。

現場のスタッフも起用に困惑

しかしこのA子さん、実際に番組が始まっても、彼女はスタッフの期待に添うことはできなかった。視聴者からの反応もほとんどなかったのだ。現場のスタッフにも「なぜこのタレントが?」という疑問符が常について回った。

売れているタレントさんは「街ロケ」のような一見簡単に見える仕事でも、触れあう店の人、一般のお客さんにキチンと気配りができて、撮影ではスタッフの意向を汲みつつさらに〝面白く〟していくものだ。しかしA子さんにはその才能はなかった。

いったいなぜ岡本氏がこのようなタレントを〝ねじ込んで〟きたのか?

彼とて現場を見てきた人間なので、タレントの才能はある程度見極められるはずである。

やがて私はA子さんの「背景」を聞くに及んだ。

彼女は「吉本興業と取引のある某企業関係者の血縁者」だというのだ。

結局A子さんは、番組に爪あとを残すこともなく、ほどなくして番組から〝卒業〟した。いや〝降板させた〟のだ。

彼女の番組での様子を見ていたのだろう、岡本氏もさすがに降板にクレームをつけることはなかった。

今回、宮迫さん田村さんを追い込んだ対応や「テープ発言」「全員クビ」発言は、私にとっては特段驚くことはなかった。

真偽のほどは会見でも曖昧なままだったが「まあ、いかにもありそうだ」という印象である。

吉本興業、岡本社長にこれからどれだけの「自浄作用」が働くのか、世間は注視するだろう。

一方で「株主」であるテレビ各局も、姿勢が問われていくだろう。

株主であるということは、吉本興業の「収益」が「配当」としてテレビ局に入るということである。

コンプライアンスに対する取り組みが甘かった、ブラック企業的な体質だった芸能事務所から配当利益を得てきた株主として、テレビ局はどのように向き合うのか。

これまでの吉本興業に対する反発か

テレビ各局は、現在吉本興業に関して〝忖度(そんたく)〟することなく厳しい論調で番組を展開している。情報番組は、参院選があったにもかかわらず、選挙結果は二の次に吉本ネタで長時間引っ張っている。ニュースでも大きな尺を割いているのだ。

おそらく、これまでの吉本興業の番組現場に対する姿勢、岡本社長のやり方に対する反発もあるだろう。

しかし番組上での批判だけではない、株主として吉本興業の経営体制にも確固たる姿勢で臨むべきではないだろうか。

在京、在阪すべてのキー局が株主に名を連ねている以上、そこには「社会的責任」もあるはずだ。

吉本の芸人が、テレビで存分に力を発揮して世の中に笑いを振りまいていくために、テレビ局も腰を据えて「吉本興業再生」に取り組むタイミングと言えるだろう。

ジャンルで探す