皇室とそのお金事情、今さら聞けない超基本

皇居周辺には外国人旅行客も多く訪れる(写真:Crisfotolux/iStock)

11月30日に53歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さまが、長女・眞子さまの結婚問題や大嘗祭について苦言を呈され、大きな話題となりました。

戦後の皇室は「菊のカーテン」などと呼ばれていました。それぐらいヴェールに包まれた存在であり、国民が皇室の内側のこと、ましてや日常生活を知ることはできませんでした。しかし現在は「開かれた皇室」ですから、皇室のことをある程度、知ることができるようになりました。

そもそも皇室とは何か?

では、そもそも皇室とは何でしょうか。国語辞典を引くと「天皇とその一族」などと説明されていますが、そうすると、どの範囲までが「一族」に含まれるのかが気になります。

宮内庁のホームページを見ると、「皇室は、天皇陛下と皇族方で構成されています」と書かれています。「天皇陛下と皇族方」とあるのは、天皇は、皇族には含まれないからです。ややこしいですね。公式のように表現すると、「皇室=天皇陛下+皇族」となるのです。

拙著『池上彰の「天皇とは何ですか?」』でも詳しく解説していますが、この皇族の範囲は、1947年に皇位継承のルールを決めた法律、「皇室典範」で次のように定められています。

第五条
皇后(こうごう)、太皇太后(たいこうたいごう)、皇太后(こうたいごう)、親王(しんのう)、親王妃(しんのうひ) 、内親王(ないしんのう)、王、王妃 及び女王を皇族とする。

聞き慣れない言葉もあると思うので、1つずつ解説しましょう。

皇后はわかりますよね。天皇陛下のお妃(きさき)が皇后です。太皇太后は、先々代の天皇の皇后、皇太后は先代の皇后のことです。

親王は、天皇陛下と皇后の間に生まれた皇子(おうじ=息子)と、皇子とそのお妃から生まれた男子の皇孫(こうそん)のことをいいます。そして皇子、皇孫のお妃が親王妃です。

内親王は、天皇陛下と皇后の間に生まれた皇女(こうじょ=娘)と、皇子とそのお妃から生まれた女子の皇孫のことです。

王と女王は、「三世以下の嫡男(ちゃくなん)系嫡出(ちゃくしゅつ)の子孫」で、男は王、女は女王だと説明されます。これは一読しただけでは、どういう関係かがわかりませんよね。三世というのは、曽孫のことです(一世は子、二世は孫)。つまり、今までの天皇から見て、男系の曽孫以降の子孫が王と女王ということになります。そして、王のお妃が王妃になるわけですね。

皇族に姓や戸籍がないのはなぜ?

さあ、それでは皇族は、私たち一般の国民とどういう点が違っているのでしょうか。

わかりやすい違いとしては、皇族には姓(苗字)がありません。「秋篠宮」「常陸宮」は、天皇から与えられる宮号なので、苗字ではないのですね。

逆に皇籍から離れると一般国民となるので、姓を持つことになります。例えば、2005年に黒田慶樹さんと結婚した紀宮清子(のりのみや・さやこ)さまは、結婚後、黒田の姓を持つようになりました。

また、天皇と皇族には戸籍や住民票はありません。その代わりに、歴代の天皇・皇后と皇族の身分や系譜を記録する「皇統譜(こうとうふ)」というものがあります。

細かく言うと、皇統譜には、天皇と皇后に関する事柄を記録する「大統譜(たいとうふ)」と、皇后以外の皇族に関する記録をまとめた「皇族譜(こうぞくふ)」の2種類があり、それぞれ正本(せいほん)が宮内庁書陵部に、副本は法務省に保管されています。なぜ、天皇や皇族には姓や戸籍がないのでしょうか。これも日本の歴史を知らないとわかりません。

古代日本では古墳時代を通じて、大和政権という政治連合が成立していきます。そして、5世紀末から6世紀になると、大和政権は、大王(おおきみ=のちの天皇)を中心に、氏姓(うじかばね)制度と呼ばれるしくみをつくっていくのです。

氏姓制度も歴史の授業で習いますよね。「氏」というのは、血族グループの呼び名です。蘇我氏、葛城氏、物部氏といった豪族がそうです。

大王は、それぞれの氏に対して、姓を授けます。姓とは、大和政権内の地位を表すもので、「臣(おみ)」や「連(むらじ)」などがあります。「臣」は、大和政権を構成する有力豪族に、「連」は政務や祭祀(さいし)など、特定の職業にたずさわって大和政権を支える有力豪族に与えられた姓です。

このように、古代の大和政権では、大王がそれぞれの氏に姓を授けるというしくみがつくられていきました。したがって支配者である大王には、氏も姓も必要なかったのです。

この大王がのちに天皇と呼ばれるようになり、皇族の範囲が定まっていくにつれて、皇族も天皇と同様に、氏や姓を持たなくなりました。そして朝廷の支配者ですから、戸籍を持つ必要もありませんでした。皇籍から離脱するときには、姓を与えられる点も現代と同じです。

このように、姓も戸籍もない天皇と皇族は、一般国民ではないので、私たちが持っているさまざまな自由や権利も制約されることになります。例えば、選挙権もなければ、表現の自由や移動の自由、職業選択の自由もありません。

ただ皇室典範では、15歳以上の内親王、王、女王は、本人の意思に基づいて、皇室会議の承認を得ることができれば、皇族の身分を離脱できると定められています。ですから、極端なことをいえば、愛子さまや眞子さま、佳子さまは、どうしても皇籍を離脱したいと思ったら、皇族会議の承認をもらえれば、結婚する前でも皇籍を離れることができるわけです。

それに対して、皇族男子にはそういった自由がありません。さらに結婚も、皇族をはじめ内閣総理大臣や宮内庁長官ら10名で構成される皇室会議の承認が必要で、個人の意思だけで結婚することはできません。当然、結婚をしても皇族のままです。

現在の皇室典範では、皇族として生まれた男性は、一生、天皇あるいは皇族として生活しなければならないのです。

皇室の財政事情はどのように決まる?

続けて、皇室の財政事情を見ていきましょう。

もしかしたら「皇室はお金持ち」と思っている人もいるかもしれませんが、実は皇室には私有財産がありません。なぜかというと、日本国憲法第88条で「すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない」と定められているからです。

戦前は現在とは違い、皇室の財政は国家財政と切り離されていました。そのため、皇室には莫大な資産がありました。

ところが、第二次世界大戦敗戦後、日本国憲法の施行により「財産税」が課され、それらのほとんどが国有化されました。当時、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が算出した昭和天皇の財産は約37億円。その9割が財産税として国有財産となり、残った資産もほとんどが国有財産となります。

昭和天皇に残された金融資産はわずか1500万円程度でしたが、これは国有化されずに、昭和天皇の私有財産となりました。この私有財産を憲法上、どのように考えるべきかどうかは、はっきりとした答えは出ていません。

一方、国会の議決で認められる皇室の費用には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。「皇室経済法」という法律では、皇室の費用を「内廷費」「皇族費」「宮廷費」という三種類に分けています。

内廷費というのは、天皇・皇后両陛下と皇太子一家の私的な費用で、年額は3億2400万円。この額は、1996年度から変わっていません。この内廷費には、食費、被服費、研究経費、私的な交際費、御用邸などへの私的な旅行費、宮中で受け継がれる神事の経費などのほか、宮中祭祀にかかる人件費なども含まれます。

それに対して皇族費は、皇族としての品位を保持するために、秋篠宮ご一家をはじめとしたそれぞれの宮家に支出されるものです。2018年度の予算総額は3億6417万円でした。

各宮家に支出される額は、次のように算出することが皇室経済法で決められています。

①独立の生計を営む親王及び夫を失って独立の生計を営む親王妃(定額相当額)
②独立の生計を営む親王の妃及び独立の生計を営む内親王(定額の2分の1相当額)
③独立の生計を営まない親王、その妃及び内親王(成年:定額の10分の3相当額)
④独立の生計を営まない親王、その妃及び内親王(未成年:定額の10分の1相当額)
⑤独立の生計を営まない王、王妃及び女王(成年:③の10分の7に相当する額の金額)
⑥独立の生計を営まない王、王妃及び女王(未成年:④の10分の7に相当する額の金額)

2018年度の定額は3050万円なので、それをもとに計算すると、秋篠宮ご一家では、年額6710万円の支出となっています。ただ、2019年に新天皇が即位されると、秋篠宮殿下は、皇位継承順位第1位の「皇嗣(こうし)」となり、現在の3倍の額が皇族費として支給されることになっています。そうなると、2019年の秋篠宮ご一家の総額は、1億2810万円となり、2018年度の額から倍近くに増えることになります。

宮内庁が管理する公金、宮廷費の内訳とは?

内廷費や皇族費は、天皇や皇族がプライベートに使う費用も含まれるため、詳細な用途は発表されていません。それに対して、宮廷費は宮内庁が管理する公金なので、その用途は詳しく発表されています。例えば、2018年度の宮廷費の内訳(政府案)を見てみましょう。

儀典関係費 23億6500万円
宮殿等管理費 10億2900万円
皇室用財産修繕費 14億4500万円
皇居等施設整備費 39億4100万円
文化財管理費 2億1400万円
車馬管理費 1億7800万円

合計 91億7100万円

さまざまな項目がありますが、儀式や国賓(こくひん)・公賓等の接遇(せつぐう)、日本各地へのご訪問、外国ご訪問、皇室用財産の管理、皇居等の施設の整備などにかかる費用が宮廷費に含まれます。

また2018年度の宮廷費は、2017年度に比べると、約35億円も増額しています。この増額分は、天皇陛下の退位と新天皇の即位関連の準備費用として計上されたものです。

例えば両陛下は現在、皇居のいちばん奥まった吹上御苑(ふきあげぎょえん)と呼ばれる地域にある「御所」にお住まいですが、退位後は、高輪皇族邸(旧高松宮邸)に仮住まいすることが決まっています。

その改修費なども宮廷費に盛り込まれています。

また、皇位継承に関わる儀式の関係費は16億5300万円。2018年度は、皇族にとっても特別にお金がかかる年度といえそうです。

ジャンルで探す