婚活で「投資詐欺」に遭った71歳男性の末路

まさか自分が詐欺に遭うとは…(写真:プラナ/PIXTA)
結婚という言葉をエサにして横行する結婚詐欺は、後を絶たない。最近では、結婚相談所、婚活アプリ、婚活パーティなど出会いの場も増えているので、さらに被害者も増えている。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回婚活者にスポットを当てて苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、結婚相談所を舞台に起こった結婚詐欺と投資詐欺の話をつづる。

「これ以上の被害者が出ないように、記事にしてくれませんか」

友人仲人の紹介で、岩下孝司(仮名、71歳)が私を訪ねてきた。彼は若いときに事業を起こし、海外でもそれを成功させ、現在でも年収が1000万円以上ある実業家だ。また、若い頃から資産も築きあげてきた。

しかし、13年前に妻を亡くし、その後“このままひとりで暮らしていくのは寂しい”と思い、60代半ばに再婚を決意した。と、同時に副業で結婚相談所も始めた。そこに自身も登録し、再婚相手を探し始めたのだという。

「申し込んだり、申し込まれたりで、何人かとお見合いしました。でも、結婚を考えられる女性はいなかった」

若いときは海外暮らしも長く、今も現役でバリバリと仕事をする岩下は、同世代の女性と話をしていてもどこか話題が合わず、楽しくなかった。それは、“落ち着いて年相応の暮らしをしたい”と願っている相手女性もそう感じていたのではないだろうか。お見合い後交際に入っても、1、2度食事をすると断ったり断られたりで、交際が続かなかった。

27歳年下の女性から「申し込み」

そんなときに、41歳の大西響子(仮名)から申し込みがきた。写真を見ると洗練された美人。海外で金融関係の仕事をしていたこともあるとプロフィールには記されていた。

「当時私は、68歳。41歳といったら、27歳も年齢差がある。なんで私に申し込んできたのか不思議だったけれど、お互いに海外暮らしが長かったという経歴も似ていたし、男の性(さが)で幾つになっても若くてキレイな女性には弱い。半信半疑でしたが、お見合いを受けてお会いすることにしたんです」

会ってみると、写真通りの美しい人だった。また、頭の回転も早く、話題をふっても的確な答えが返ってくる。海外暮らしの話でも盛り上がった。響子は、男ウケする褒め言葉も上手だった。

そして、いちばん気になっていたことを聞いてみた。

「なんで、親子ほども年齢が離れている私に申し込んだんですか?」

「私、同世代の男性とは話が合わないんです。年上がいいんですよ」

2人は意気投合し、見合い後、交際に入った。食事やデートを重ねていくうちに、岩下は響子に心を奪われていった。響子も、「岩下さんと一緒にいると楽しいし、いろいろなことが知れて勉強になって刺激的です」と言っていた。

結婚相談所には、お互いのお人柄をみる“交際”期間と、将来に結婚を見据えてお付き合いする“真剣交際”期間があるのだが、2人はお見合いの日から1カ月も経たないうちに、“真剣交際”に入った。

その後、岩下は響子をシンガポール旅行に誘った。

「ホテルの部屋は、2人で一部屋だったんです。私も男だから当然夜は求めますよね。すると、彼女は、『甲状腺の持病を持っていて、最近調子が良くなく大量の薬を飲んでいるから、そういうことをするのは怖い』という」

結局シンガポール旅行は、同じ部屋に泊まったものの何もないままに帰国した。その後も、病気を理由に男女の関係になることは避け続けた。

「私もなんだかシラけてきちゃって。彼女との結婚はないなと、自分の中でいったん区切りをつけたんです。ですが、話をするぶんには面白いので、交際を終了することなく、それまで通り食事に行くような関係は続けていました」

「異業種交流会」の実態は…

しばらくして響子は、都内の高級住宅街で“街カフェ”と称した異業種交流会を開くようになった。

「マンションの一室で、彼女が作ったイタリア料理を食べながら、異業種の人たちがビジネス交流や情報交換をするんです。一度訪れたら、『こちら元○○証券の○○さん』『××大学の副学長さん』と、客筋が良かった。また、そうした人たちと話をするのも楽しかったので、開催されると私も何度か足を運ぶようになりました」

すると、いつからか響子は、来ている人たちに投資の話を持ちかけるようになった。

「彼女は以前、外資系の投資銀行で働いていたんです。ラーメン屋の世界展開の株式投資話とか、有名なAV男優がAVを撮ってそれを世界に流すとお金が返ってくるから、その男優に投資をする話とか、新規上場株や未公開株に投資する話とか。FX話もありました」 

イタリアンを楽しむ異業種交流会は、いつしかお金持ちの年配者を対象に、投資話を持ちかける会となっていった。

また、彼女が、シンガポールや香港など諸外国に自分の銀行口座を開きに行くようになったので、羽振りが良くなっているのが目に見えてわかった。

あるとき響子は、四国に植物を燃やして電力を起こすバイオマス発電所を作るという投資話を岩下に持ち掛けた。

「それまで私は、彼女の投資話には乗っていなかったんですが、その発電所の工事をするのが日本の有名な電機会社で、そこの会社の判子が押してあったんです。そこで私も、これなら大丈夫だろうと話に乗りました」

「結婚詐欺」「投資詐欺」2足のわらじ

響子は街カフェを始めた頃から、同時に結婚相談所も一緒に始めていた。

「彼女はそこに自分自身を登録をして、80歳、90歳の資産家に申し込みをかけていたようです。また独身の金持ちを登録させて、見合いもさせていた。相談所を通じて人間関係を築いた後に、街カフェに呼んで、投資話を持ち掛けていたんです」

中には、お見合い後に響子とお付き合いに進展し、その後、「婚約した」と思い込んだ81歳の男性もいた。

「街カフェでの顔見知りだったその男性に、『響子さんとの結婚が決まって、400万円のダイヤの指輪も贈った』という話をされたんです。その頃、私はもう響子とは友人としての付き合いだったから、誰と結婚しようがかまわなかったけれど、81歳の男性が騙されているとしたら気の毒だと思い、響子にそのことを聞いた。すると、『指輪はもらったけれど、それはプレゼントで婚約指輪ではない』と言い張る。しかも、フタを開けたら、その男性は、数千万ものお金を響子の投資話につぎ込んでいたんですよ」

時を同じくして、岩下には気になることがあった。バイオマス発電所に投資し、1年目には20%の配当金があったものの、2年目から配当金がない。おかしいと思って調べたら、その投資話は偽物で、日本の有名な電機会社の判子は偽装されたもの、ファンド会社は幽霊会社だった。

騙されたと知っても、後の祭りだった。

「やり方がうまいのは、私のときもそうだったけれど、最初は恋愛関係をにおわせながらも、男女の関係にはならない。それでシラけて私のように結婚相手としては見切りをつける男性もいる。でも、この年になると、惚れた腫れた、くっついた別れたの年齢ではないから、20以上も離れたキレイな女性だったら友人関係は続けたいと思うんですよ。そこをうまく利用して、投資話を持ちかけ、多額のお金を引っ張り、ドロンする。もちろん81歳の男性のように、結婚を本気で考えた人もいたでしょうけどね」

岩下の場合、幽霊会社に投資をさせられたのだから、これは明らかに詐欺事件だ。

ほかの被害者たちは泣き寝入り

「そこで、最初は警視庁に行きました。そうしたら今住んでる場所を聞かれて、『そっちの県警に言ってください』という。県警に言ったら、『それは、詐欺ですねぇ。ただそういう問題は多いんですよ』と言って、事情聴取はしてくれたものの、それっきりで動いてくれない。今は、弁護士をつけて、刑事告訴も視野に入れています」

ところが、ほかの被害者たちは、“投資は、そもそも損失を伴うもの”と言って泣き寝入り状態で、訴えを起こそうとしている人たちはまばらだった。元一流企業に勤めていた資産家男性や大学の副学長といった教育職に従事している男性にとっては、結婚相談所で出会った女性に騙され投資詐欺事件に遭ったということが表に出るので、告訴は名誉のためにもしたくないのかもしれない。

婚活アプリや婚活パーティで知り合った男性から、強引に投資用マンションの購入を迫られる、いわゆるデート商法と言われる結婚詐欺が横行しているのも現状だ。

着物や宝石を買わされたり、保険の勧誘をされたりするのもよく聞く手口だ。恋愛関係になっていると、相手を信頼しているし、嫌われたくないと思うのが心情だが、一人ひとりが十分に気を付けてほしい。

ジャンルで探す