コネタ

糖尿病1000万人時代!「糖質制限」を徹底せよ

糖質制限を徹底しましょう(写真 : my room / PIXTA)
今日11月14日は「世界糖尿病デー」である。9月に発表された厚生労働省の2016年の調査によれば、日本の糖尿病の有病者1000万人、予備群1000万人。合わせて2000万人の「国民病」ともいうべき状況になっている。糖尿病は静かに進行するものの、さまざまな「死の合併症」を招き、人工透析にもつながりかねない恐ろしい病気である。早急な治療、特に適切な食事療法が必要とされる。
この糖尿病の治療食としては、近年「糖質制限食」が急速に広まってきた。その一方で、いまだ「カロリー制限食」を指導する糖尿病専門医も多い。
糖質制限食の第一人者である江部康二氏は、カロリー制限はもはや時代遅れで、糖尿病患者には必ず糖質制限を指導すべきだと主張する。『江部康二の糖質制限革命』の著者でもある江部氏にその論拠を語っていただいた。

糖質制限食で血糖コントロールがよくなる

最初に、糖質制限食の糖尿病への効果について、現在までわかっている事実を整理します。糖質制限食はもともと糖尿病の治療食ですので効果があるのは当然ですが、その効果について、正しい知識を確認しましょう。

まず確かめておきたいのは、糖質制限食を始めると速やかに血糖コントロールが非常によくなることです。これは、血糖値を直接上昇させるのは糖質だけだという生理学的事実によります。血糖値を上昇させる糖質を摂取制限するのですから、食後高血糖を抑えられるのは当然です。

2型糖尿病の患者さんが糖質制限食を始めると、ほぼ全員が食後、空腹時共に血糖値が下がり始めます。食後血糖値は開始直後から下がり、1週間ほどで正常値になります。空腹時血糖値についても徐々に下がり、数週間で正常値になります。

ちなみに糖尿病には、主なものとして1型と2型とがあり、生活習慣病であるのは2型のほうです。ほとんどの糖尿病の方が2型です。

次に、糖質制限食による治療では、基本的に薬剤の必要性が大きく下がるという利点があります。

2型糖尿病ならば過半数の人で薬剤が不要になり、インスリン注射をしていた人でさえ、約1~2割の人でそれが不要になります。1型糖尿病でも糖質制限食は有効で、インスリンの量を少なめにして血糖コントロールができるので、低血糖が生じにくくなります。

つまり、あまり薬剤に頼ることなく、血糖値を正常にできるわけで、これが糖尿病治療における糖質制限食の最も大切な長所です。

肥満解消によるプラス効果

さらに、糖質制限食は、体重減少にも非常に効果があり、大きな利点となります。そもそも糖質制限食は、ダイエット目的で急速に普及した側面があります。

糖尿病は肥満と関連の深い病気です。予備群や軽症の2型糖尿病の場合、肥満していることでインスリンの効き目が悪くなり、血糖値が高くなっているケースはよく見られます。そのため、肥満をなくすことでインスリンの働きをよくすれば、糖尿病を改善できるわけです。

糖質制限食を始めると、肥満の人は速やかに体重が減り始め、半年から1年で理想体重になります。しかも、理想体重に達した後でやせすぎるということがなく、安定します。

つまり、肥満だけが解消されて、不健康なほどにやせることはないわけです。

糖質制限食は、糖尿病の人の血糖コントロールを薬剤に頼ることなく速やかに改善し、肥満を健康的に解消する。

このことは、4000人を超える高雄病院の症例で確認しているだけでなく、複数の世界的に有名な研究で証明されている事実です。

カロリー制限から糖質制限へ

糖質制限食が登場する以前の医療現場では、糖尿病治療食として「カロリー制限食」が指導されていました。いまだ指導し続けている糖尿病専門医の方もいらっしゃるようです。

このカロリー制限食は、「カロリー制限説」を基にした食事療法です。今まで信じられていたけれど、近年になって誤りだったとわかった健康常識のうち、第1に挙げるべきものがこれです。

「カロリーの摂りすぎが、肥満をはじめとする生活習慣病を増やしている。だから、カロリーを減らせば生活習慣病は改善するに違いない」

これがカロリー制限説です。

そのため、カロリー制限をすれば生活習慣病がなくなると信じられるようになり、先進国ではカロリー制限が健康によいという常識となりました。

「食べすぎはよくない。食べすぎなければ太らないし、健康になれる」、このように信じられていたのです。

糖尿病の治療についても、かつてはカロリー制限説が常識でした。糖尿病の専門医は患者さんにカロリー制限を指導していたのです。けれど糖尿病は、カロリー制限の食事では思ったように改善しませんでした。

何かがおかしい。

欧米の一部の研究者たちはそう感じていたのです。先述のように世界で重要な研究がさまざま行われ、この健康常識はガラリと変わりました。

「カロリー制限よりも糖質制限のほうが生活習慣病に有効」。これが現代医学の常識なのです。

糖質制限食を正式に認めたアメリカ糖尿病学会

私は、2005年に日本初の糖質制限食に関する書籍(『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』)を刊行以来、欧米で急速に深められている糖尿病の最新研究を根拠として、糖質制限食の有効性と安全性を訴え続けました。

一方、日本糖尿病学会は糖質制限食に否定的なスタンスを取ってきました。

そして、2012年の日本病態栄養学会年次学術集会で、私は糖尿病学会主流派とディベートで対決することになります。

「カロリー制限食」の有効性には根拠がない。ところが、糖質制限食の有効性を示す根拠として有力な研究がいくつもある。

私はエビデンスを示してこう主張したのです。このディベートが分岐点となりました。以降、日本の医学界は明らかに変わり、糖質制限食への理解と普及が広がっていったのです。

そして、決定的だったのが2013年10月です。アメリカ糖尿病学会が糖質制限食を正式に認めたのです。この意味は非常に大きなものでした。

アメリカ糖尿病学会は2007年まで糖質制限食の有効性を否定していました。それから、糖尿病についての決定的に重要な研究が数々行われたのです。アメリカ糖尿病学会は新たにわかった研究事実を検討した結果、糖質制限食を正式に認めたわけです。

このことは、糖質制限食の有効性が科学的に証明されたと、アメリカ糖尿病学会が認めたということを意味していました。

これは日本糖尿病学会の主流派の皆さんにとっても衝撃だったでしょう。その日から、反対していた重鎮の学者たちも態度を変え始めました。

かつて大反対していた日本糖尿病学会の理事長まで、2015年から糖質制限食を取り入れるようになっているのです。

今年2月7日、糖尿病学会理事長の門脇孝先生(東大教授)と、渡辺昌先生(『医と食』編集長)を交えて東大医学部で90分間、鼎談(ていだん)させていただきました(『医と食』2017年3月号)。

門脇先生は、個人的な考えと前置きされながらも、一人ひとりの患者さんで糖質摂取比率を考慮する方向を目指すのがリーズナブルであるとおっしゃっておられました。東大病院でも2015年4月から糖質摂取比率40%の糖尿病食が提供されており、門脇先生ご自身も糖質摂取比率40%の緩やかな糖質制限食を実践しておられるそうです。

こうして現在では、以前のように糖質制限食を否定し続けているのは、ごく一部の人々だけとなりました。

糖尿病患者へのカロリー制限食指導は時代遅れ

それでも、いまだに糖質制限食は危険などとおっしゃる医師がいらっしゃいますが、こうした方には、これまでの東洋経済オンラインでの私の記事や著書を読んでいただきたいと思っております。私のブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」でも、目についた糖質制限批判については逐一、反論してきました。

合併症などのリスクがある糖尿病患者に、糖質60%にもなるカロリー制限食を指導するのは、きわめて危険な行為です。

糖質だけが直接血糖値を上昇させ、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」という最大の合併症リスクを生じます。そして、これらを起こさないのは唯一、糖質制限食だけなのです。

「糖尿病治療にはカロリー制限よりも糖質制限」という流れは、もはや変えようがないメガトレンドであることを、患者の皆さんも医療関係者もぜひ認識していただきたいと思っております。