ハイスペ男性を射止める! 『バチェラー』の女性たちに見る「恋愛で勝ち抜くヒント」

 ©2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

話題の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』は、ひとりのバチェラーのパートナーとなるために、20人の女性が火花を散らすリアルなバトルが見どころ。

今回は、現在スタートしている最新シリーズの“シーズン3”で闘う女性たちに学ぶ、恋愛で勝ち抜くヒントを5つご紹介しましょう!

恋活や婚活中の女性から大人気のリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』(Amazon Prime Video 毎週金曜日に最新話を配信)。9月13日からスタートした“シーズン3”は、いまエピソード6まで配信中。婚活で1,000人の男性と出会った筆者は“シーズン1”から、毎回、大注目して観ています。

2002年からスタートしたアメリカの番組『The Bachelor(原題)』は、現在、全世界225ヵ国以上で放送。世界中の40カ国以上で撮影、また30ヵ国以上の国でローカル版が制作されている、リアリティ番組の中でもっとも国際的で実績のあるシリーズのひとつ。

『バチェラー・ジャパン』はこの日本版で、“シーズン1”は2017年2月から、“シーズン2”は2018年5月から配信されました。たったひとりの理想の男性=バチェラーが、多数の女性の中から最高のパートナーを選び、選び抜いたひとりの女性にプロポーズをするという、究極の恋愛番組です。

シーズン3の3代目バチェラーは、「結婚相手を探しに来ました」と語る、兵庫県神戸市出身の青年実業家・友永真也さん(32)。

父親と兄は医師で、自らは中高6年間フランスに留学し、現在は貿易会社を経営している実業家のうえ、スラリとした長身と甘いマスクを持つ、もはや“モテ要素しかない”バチェラーです。

ハイスペックなプロフィールですが、神戸在住ゆえの関西弁が親しみやすく、そのギャップも魅力のひとつとなっている印象。

その友永さんが、年齢も職業も違う20人の女性の中から、気に入った女性に真紅のローズを渡していく“運命のローズセレモニー”が行われ、回を増すごとにどんどん女性が厳選されて人数が減っていきます。

最後まで勝ち抜けるために、参加女性は毎回必死に、友永さんに自分の魅力をアピール。嫉妬や欲望が渦巻く、ドロドロの女性同士の闘いが繰り広げられていきます。

そのやらせなし、台本なしの恋愛模様を観るだけで、“いかにして好きな人の本命彼女になるか”のヒントが得られるのです。

■『バチェラー・ジャパン』の女性たちに学ぶ、恋愛で勝ち抜くポイント

■1. 自分をどう見せるかセルフプロデュースする

シーズン3には、ダンプ運転手、社長令嬢、DJ、大学生、シンガー、看護師などの22歳から30歳までのバラエティ豊かな参加女性が集結。

1500を超えていたという応募者から厳選された20人ですから、個性的な女性ばかりがそろっています。

ここからさらに毎回、友永さんと接する中で参加女性が絞られていくため、「自分をどう見せればいいのか」「この場面ではどのように動けばいいのか」を考えて実行できる女性が、生き残っている様子。

実際の恋愛や婚活でも、セルフプロデュースに長けている女性は、相手の男性の目に留まりやすくなります。

たくさんの女性の中から選ばれるためには、丸腰で勝負しようとせずに“自分のセールスポイント”をおさえておくことも必要だといえるでしょう。

■2.意外な一面を見せてみる

同番組では毎回、婚活の旅をガイドして進行役を担う坂東工さんが、参加女性たちに、その日の「バチェラーとのデートのスケジュール」を伝えに来るのが定番となっています。

とはいえ、全員が必ずデートに行けるわけではなく、友永さんが個人的にしっかり話したい相手とは「ツーショットデート」、何人かで一緒に出かけるのは「グループデート」が用意され、名前を呼ばれなかった女性は、最後のカクテルパーティーでアピールするしか方法がありません。

そのカクテルパーティーの最後に実施される“ローズセレモニー”では、エピソード1の時点でなんと5人、エピソード2ではさらに3人の脱落者が出て、一気に20人から12人へと女性陣が絞られました。

こんなふうに、残酷なまでに自分の頑張りが反映されてしまう『バチェラー・ジャパン』。

エピソード3では、ついに日本を飛び出して、舞台はグアムへ。ここで、自分だけの秘密を打ち明けた女性が、友永さんの心をつかみます。

好きな男性の気持ちをこちらに向けたいときに、“意外な一面を見せる”ことは高ポイントになる可能性大。とっておきの情報を共有することで、“ふたりだけの秘密”が生まれるのです。

■3.時と場合を見ながら大胆な行動を演出する

女性たちの熾烈な闘いが繰り広げられる一方、ラグジュアリーで非日常なシーンを見せてくれるのも、この番組の見どころです。

ヘリコプターデートがあったり、クルーズデートがあったり、ビーチでの水遊びやゴルフ、スカイダイビング……と、ゴージャスなロケシーンは参加者と視聴者ともに、女性たちのハートをわしづかみに。

ビーチでは、友永さんの体にまたがってオイルマッサージをする女性や過剰なボディタッチをする女性など、お色気作戦を行う人が続出。

ベタベタされて思わず顔がニヤけるものの、そこには引っかからないしっかり者の友永さん。“結婚相手”として考えられるかどうか、冷静に女性陣を観察しています。

男性が結婚相手を真剣に探すときに、セクシーさを第一に考える人はほとんどいませんよね。むしろお色気作戦を実行する女性は「遊びの対象」とみなされやすいので、その場ではインパクトがあるとしても、家庭的なイメージからはどんどん遠ざかります。

ただ、普段はドライに見えてふたりきりだと甘えたり、「ここ!」という外せない場面でのみ密着したりと、“時と場合を適切に考えた上で、さりげない大胆さを演出”するのは効果大。ちょっとドキドキさせることに成功すると、気になる女性としての存在感がアップします。

エピソード3では2人の脱落者があり、そのうちのひとりから友永さんはビンタをされる場面も……。選ばれなかった女性の去り際の態度も、参考になるかもしれません。

■4. ウソや隠し事をしない

エピソード4では、女性2人と友永さんの3人でデートし、その場でどちらかの女性ひとりを選び、選ばれなかった女性は即刻グアムを去らなければならないという過酷な「2 on 1」デートが実施されました。

さらに“ローズセレモニー”で2人が脱落し、参加女性は7人に。

エピソード5では、バチェラー自らがクルーザーを運転。グアムの海と自然を満喫する女性陣らとグループデートやツーショットデートを行います。

グアムでの最後の夜、くつろいでいる女性陣の部屋に友永さんが向かい、ひとりの女性をデートに誘うという突撃エピソードも。この回では、ひとりの女性が脱落して参加女性は6人になりました。

エピソード6では、ふたたび日本が舞台。ツーショットデートで友永さんとSL機関車に乗って露天風呂に入った女性は、ずっと隠していた離婚歴と、子どもがいるという事実を打ち明けます。

子どものいる女性との結婚となると、より慎重になる男性は少なくありませんが、驚きながらもその事実を肯定的に受け入れて、先にローズを渡す友永さん。ここで男前な対応をした友永さんは、真に男気のある男性だといえそう。

ただ、この告白はタイミングがズレていたら成功しなかったかもしれませんが、「結婚」という、人生をともにしたい相手には“ウソをつかない”という大事なことを『バチェラー・ジャパン』は教えてくれています。

■5. 一緒に過ごす未来を想像できるようにする

エピソード6では、富士山を望む大草原でデートが繰り広げられます。

友永さんのお気に入りだと思われていた女性が、ここにきて「好きかどうかわからない」と吐露。デート中に、参加女性たちのさまざまな表情が見えるようになってきます。

この回では、参加女性6人中、ひとりが脱落して5人に。脱落した女性は、隠していた事実を告白したものの、残念ながら機を逸していたのです。友永さんは「先に打ち明けてくれていれば、結婚してからのことをイメージできた」と話していました。

実際の恋愛でも、タイミングさえ合えばうまくいったのに……という出来事も多々あるかもしれません。

さらに、ただ恋人となるだけではなく、結婚を考える相手となると、“一緒に過ごす未来を想像できるかどうか”はとても重要。「恋人候補」から「結婚相手候補」となるように、うまく自分の存在をシフトチェンジしていかなくてはなりません。

将来をともに過ごせる女性だと思われるよう、好きな人には、うまくアプローチしていけるといいですね。

続くエピソード7では、シーズン3最後のデートが行われます。

ここで脱落せずに勝ち残った女性は、次回実家に戻り、そこに友永さんが訪問して、参加女性の家族とも対面するというシビアな展開に。現在いる5人の中から、果たしてどの女性が勝ち残っていくのでしょうか。

また、同番組では、今田耕司さん、藤森慎吾さん、指原莉乃さんらがバチェラーの行動と女心を分析する「スタジオトーク」も面白さのひとつです。

女性グループでトップを極めた指原さんの鋭い視点、今田さんと藤森さんの好みの女性トークなど、男女両方の意見が聞けて、共感できるポイントがいっぱい。

女性たちの闘いからヒントを盗んで、あなたも恋の勝者になりましょう!

『バチェラー・ジャパン』シーズン3は「Amazon Prime Video」で見放題独占配信中。

●製作:Amazon

ジャンルで探す