幻の松阪牛100%使用!銀座三越バイヤーおすすめの肉のうま味とコクが凝縮した究極のカレー



暑い夏はカレーを食べてパワーチャージしよう。なかでも手軽に食べられるレトルトカレーに注目。そこで、百貨店&商業施設のバイヤーが選ぶ、“私的最強レトルトカレー”を教えてもらいました。今回ご紹介するのは、銀座三越の担当者が推薦する東京美食Labo「特選松阪牛カレー」。バイヤーお墨付きというのも納得な、素材のこだわりや魅力をお届け。2022年7月14日(木)までレトルトカレー人気BEST5を決定する読者投票も受付中!

◆東京美食Labo「特選松阪牛カレー」(2160円)



【霜降り肉の甘みとスパイシーなルーが好相性】

おいしくて身体によい「美食」を探求し、「五感」が喜ぶ商品を提案する「東京美食Labo」。その代表格が、美食家たちを「レトルトカレーの概念を覆された」と唸らせたこちらの「特選松阪牛カレー」。

使用するのは、超長期肥育で愛情と手間暇かけて育てた希少な松阪牛。赤身に繊細に溶け込んだ霜降りが、カレーソースに絶妙に絡むことで濃厚なコクとうま味を生み出している。肉の塊がゴロゴロ入っていて食べ応えあり。

肉のうま味が感じられるようルーはほどよくスパイシーに仕上げた。白を基調とした上質なパッケージは、大切な人へのギフトにもぴったり。


◆【推薦してくれた人】銀座三越・菅野広太さん






「ひと口ほおばると、ほかは体験できない、松阪牛が醸し出す濃厚なコクやうま味が口いっぱいに広がります。生産者の思いを感じられるこの商品は、自信を持ってみなさまにおすすめしたい1品です」(銀座三越 食品 アシスタントバイヤー・菅野広太さん)


この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

ジャンルで探す