好きな作品1位は「龍馬伝」!LINEリサーチが行った大河ドラマの調査結果

スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が、日本全国の男女を対象に、大河ドラマを見たことがある人の割合や好きな大河ドラマの作品について調査を行った。その結果を紹介しよう。

■大河ドラマを「見たことがある」人は男女ともに6割弱
LINEが保有する約559万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とする「LINEリサーチ」。今回の調査では、テレビ放送やインターネット、DVDや録画で見る場合などすべてを含め、大河ドラマを見たことがあるかを調査した。

全体では6割弱が大河ドラマを「見たことがある」と回答。男女別の割合をみると、男性が58%、女性が59%でほぼ同率という結果に。「知っているが、一度も見たことはない」という人の割合は男女ともに10~20代が高い。

「毎作品ではないが、見ることがある」という人は、上の年代が高い割合。50代ではその割合がもっとも高く、男女ともに3割強となっている。
「ほぼ毎作品(欠かさず)、見ている」も50代でもっとも割合が高く、男女ともに1割程度だった。

■好きな大河ドラマ作品ランキング
大河ドラマを見たことがある人に、好きな大河ドラマ作品があるか聞いた。

さらに好きな作品がある人には、NHK放送史に掲載されている1970年代以降に放送された作品の中から、好きな作品を選んでもらったところ、全体TOPは、福山雅治さん主演の「龍馬伝」という結果に。すべての年代でもランクインし、20代・40代・50代でもTOPとなっている。特に50代男性に人気があった。

全体2位は、堺雅人さん主演の「真田丸」。すべての年代で3位以内にランクインし、10代ではTOPに。全体3位以降は、長谷川博己さん主演の「麒麟がくる」、岡田准一さん主演の「軍師官兵衛」、宮崎あおいさん主演の「篤姫」が僅差で続いた。

■年代・男女別でも好きな作品に傾向あり
年代別に見ると、10代では「真田丸」や「西郷どん」(主演:鈴木亮平)をはじめ、2010年以降に放送された作品が多くランクイン。30代では香取慎吾さん主演の「新選組!」がTOPに。男女ともに3割前後と高い割合だった。

30~50代では、2002年に放送された唐沢寿明さん主演の「利家とまつ~加賀百万石物語~」や、1996年放送された竹中直人さん主演の「秀吉」がランクイン。40~50代では「独眼竜政宗」が上位に入った。

また、グラフにはないが、男女別の傾向は男性では「真田丸」「龍馬伝」がTOP2に。一方、女性は「龍馬伝」「篤姫」がTOP2に。主人公が女性、また主人公の妻をクローズアップするような作品も人気の傾向だった。

今回の結果を参考に、過去の作品を振り返ってみても良さそうだ。

調査結果の詳細
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年12月7日~12月8日
有効回収数:5252サンプル
https://research-platform.line.me/archives/39388340.html

(hachi)

ジャンルで探す