「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


2023年9月22日に発売された「iPhone 15」を手に入れたので、外観レビューに続き、ベンチマークやカメラ性能を確認してみました。前機種のiPhone 14からメインカメラが48メガピクセルに変更されるなど、さまざまな点で変更されたので、同時にiPhone 14も用意して比較レビューを行ってみました。
iPhone 15とiPhone 15 Plus - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-15/
2023年9月22日に発売されたiPhone 15の外観やiPhone 14との外観比較は、以下の記事を読めば詳しく分かります。
「iPhone 15」外観レビュー、待望のUSB-Cが搭載されるなど前機種からどう変化したのか確かめてみた - GIGAZINE

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


◆iPhone 15とiPhone 14のベンチマーク比較
iPhone 15とiPhone 14でそれぞれベンチマークテストを行い、数値を比較してみます。前機種のiPhone 14はA15 Bionicチップを搭載している一方で、iPhone 15はiPhone 14 Proと同じA16 Bionicチップを搭載しています。
ベンチマークテストはiOS 17.0.2をインストールしたiPhone 15と、iOS 17.0.1をインストールしたiPhone 14で実施。iOS 17.0.2はiPhone 15シリーズ向けにのみ提供されているバージョンなので、iPhone 14で使える最新バージョンはiOS 17.0.1となります。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


今回用いるベンチマークソフトは「Geekbench 6」。2回ずつ測定し、良い結果が出た方を採用しています。
Geekbench 6を用いたベンチマーク結果が以下。特に言及しない限り左がiPhone 15、右がiPhone 14の画像です。Geekbench 6での表記上のメモリはiPhone 15が5.54GB、iPhone 14が5.55GBとほぼ一緒であることが確認できます。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


Geekbench 6ではCPUとGPUの2つでテストを行うことができます。まずはCPUのシングルコアのテスト結果がこんな感じ。全体的に、わずかにiPhone 15の方が数値が高くなっています。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


「Object Remover」から「Structure from Motion」までの結果が以下。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


マルチコアでのテスト結果が以下の通り。こちらも全体的にiPhone 15の方が数値が高くなっていることが確認できます。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


「Photo Filter」などで大きく差が開いています。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


続いてGPUのテスト結果がこんな感じ。「Stereo Matching」や「Particle Physics」を除き、iPhone 15に搭載されたA16 Bionicチップでは数値が向上しており、GPU性能が順当に向上していることが分かります。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


◆カメラ性能比較
iPhone 15ではメインカメラである広角カメラの画素数がiPhone 14の12メガピクセルから48メガピクセルに変更されています。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


また、iPhone 15では写真の解像度を12メガピクセル~48メガピクセルの範囲内で変更することが可能です。解像度を変更するには「設定」アプリをタップ。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


画面下部の「カメラ」を選択します。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


「フォーマット」をタップ。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


「写真モード」を選択。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


すると、撮影時の解像度を12MPもしくは24MPから選択できます。デフォルトでは24MPに設定されていました。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


さらに、解像度を最大48メガピクセルまで上げたい場合は、「フォーマット」を選択後、「解像度コントロール」をのスイッチをオンにします。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


さらに、撮影時にカメラアプリ左側の「HEIF最大」をタップして有効化します。これで最大48メガピクセルでの撮影が可能になりました。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


同じ場所からiPhone 15とiPhone 14で風景を撮影してみました。以降で出てくる写真はすべてリサイズしたものが並んでおり、画像をクリックするとリサイズ前の「iPhoneで撮影した際に保存される写真」が表示されます。以下はiPhone 15を用いて36メガピクセルで撮影した写真です。無加工時のファイルサイズは6.2MBです。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


以下はiPhone 14を用いて12メガピクセルで撮影した写真。12メガピクセルなのでファイルサイズは1.1MBと小さめ。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


最大5倍のデジタルズームが可能だったiPhone 14に対し、iPhone 15は最大10倍のデジタルズームが可能です。以下はiPhone 15で10倍のデジタルズームを行ってみた写真です。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


以下はiPhone 14で5倍のデジタルズームを行った写真。10倍ズームだと被写体にかなり寄れます。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


一方で、超広角レンズにはiPhone 14からiPhone 15にかけて変更が加えられていないため、iPhone 15とiPhone 14の間に目立った差は生まれませんでした。以下はiPhone 15で撮影した写真。ファイルサイズは1.0MBです。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像


以下はiPhone 14を用いて撮影した写真です。同様にファイルサイズは1.0MBでした。

「iPhone 15」ベンチマーク&カメラレビュー、前機種のiPhone 14から何が進化したのか比較してみた - 画像

ジャンルで探す