「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


2022年9月に登場したアクションカメラ「GoPro HERO11 Black」には、リモコン付きグリップ「Volta」や、指向性マイク付きカバー「メディアモジュラー」、明るさ調整可能な「ライトモジュラー」が付属した「片手で持てるハリウッド」をうたうモデル「GoPro HERO11 Black Creator Edition」が存在しています。そんなGoPro HERO11 Black Creator Editionが編集部にやってきたので、撮影性能チェックに続いて各種アクセサリーの使い方を確認してみました。
Volta (外部電源グリップ / 三脚 / リモートコントローラー) | GoPro
https://gopro.com/ja/jp/shop/mounts-accessories/volta/APHGM-001-master.html
GoPro HERO11 Black Creator Editionは、5.3Kでのムービー撮影が可能なアクションカメラ「GoPro HERO11 Black」に「Volta」「メディアモジュラー」「ライトモジュラー」などをセットにしたモデルです。GoPro HERO11 Black Creator Editionに含まれる内容物の外観は、以下の記事で詳しくチェックしています。今回の記事では、GoPro HERO11 Blackと各種アクセサリーを接続する方法や便利な使い方を確認してみます。
5.3Kムービーに対応した「GoPro HERO11 Black」の外観を徹底的に撮影しまくってみた - GIGAZINE

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


◆目次
◆1:VoltaとGoPro HERO11 Blackを無線接続
◆2:GoPro HERO11 Blackにメディアモジュラーを取り付けてVoltaと有線接続
◆3:メディアモジュラーの便利な使い方
◆1:VoltaとGoPro HERO11 Blackを無線接続
Voltaには4900mAhのバッテリーが搭載されており、VoltaからGoPro HERO11 Blackへ電力を供給できます。Voltaを使う際は、まずVoltaを充電しておく必要があります。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


充電残量はコントローラー上部のステータスライトで確認できます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


VoltaとGoPro HERO11 Blackは有線もしくは無線で接続可能、まずは無線接続の手順を確認してみます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


最初に、GoPro HERO11 Blackの画面を下方向にスワイプして設定画面を開きます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


設定画面が表示されたら左方向にスワイプ。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


次に、「ユーザー設定」をタップします。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


ユーザー設定の中の「ワイヤレス接続」をタップ。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


「デバイスを接続」をタップ。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


デバイス一覧から「Volta」を選択します。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


VoltaのBluetoothボタンを長押しするように求められたら……

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


VoltaのコントローラーにあるBluetoothボタンを長押しします。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


「正常に接続しました」と表示されたらVoltaとGoPro HERO11 Blackの接続は完了です。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


これで、Voltaを用いて遠隔から撮影開始・停止やモード切替をコントロールできます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


◆2:GoPro HERO11 Blackにメディアモジュラーを取り付けてVoltaと有線接続
Voltaの上部とGoPro HERO11 Blackの底面を組み合わせるとこんな感じ。Voltaに搭載されているUSB Type-C端子をGoPro HERO11 Blackのコネクタに挿入すると電力を供給可能で、VoltaとGoPro HERO11 Blackのバッテリーが満充電されている場合、5.3K・30fpsのムービーを4時間以上撮影可能です。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


また、GoPro HERO11 Blackにメディアモジュラーを取り付けた状態でもVoltaと組み合わせ可能です。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


メディアモジュラーを取り付けると、こんな感じ。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


カメラの角度は自由に調整可能です。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


また、取り付け部分の基部は360度回転可能です。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


さらに、Voltaの持ち手部分は以下のように展開可能で、簡易的な三脚としても付けます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


◆3:メディアモジュラーの便利な使い方
メディアモジュラーにはアクセサリーシューが搭載されており、市場に流通している多くのカメラ用アクセサリーを取り付けられます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


GoPro HERO11 Black Creator Editionに含まれるライトモジュラーを取り付けるとこんな感じ。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


ライトモジュラーは明るさを3段階で調節可能で、暗い場所での撮影や追加の照明が欲しい際に役立ちます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


また、メディアモジュラーにはMicro HDMIポートが搭載されており、GoProで撮影中の映像を外部モニターに出力できます。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


なお、メディアモジュラーは前世代の「GoPro HERO10 Black」や「GoPro HERO9 Black」でも利用可能。前世代の機種を使っていた際はメディアモジュラーを装着すると連続撮影可能時間が短くなる傾向があったので、GoPro HERO11 Blackではどれほど連続撮影できるのか検証してみました。
室温28度の部屋でGoPro HERO11 Blackの最高設定である5.3K・60fpsムービーを撮影し続けた結果、メディアモジュラーを装着していない状態では約24分、装着した状態では約21分で高温による強制終了が発動しました。メディアモジュラーを装着しても撮影可能時間が顕著に短くなるわけではありませんが、20分を超える長時間撮影を行う際は画質設定を落とす必要があるようです。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


強制終了直後のGoPro HERO11 Blackの温度を赤外線サーモグラフィーで測定した結果、底面のアクセサリー取り付け部品が59度を超える高温になっていました。手で触れるとかなり熱く感じたので、高負荷な作業を行った後は底面に触れないように注意が必要です。

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


なお、GoPro HERO11 Blackで撮影できる5.3K・60fpsムービーは、以下の記事で大量公開しています。
「GoPro HERO11 Black」で5.3K・60fpsを撮影して画質や連続撮影可能時間を検証してみた - GIGAZINE

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


また、VoltaはGoProの公式オンラインショップで税込1万6500円で販売されています。また、記事作成時点ではAmazon.co.jpでメディアモジュラーが税込1万1473円、ライトモジュラーは税込5655円で販売されています。
Volta (外部電源グリップ / 三脚 / リモートコントローラー) | GoPro
https://gopro.com/ja/jp/shop/mounts-accessories/volta/APHGM-001-master.html

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


Amazon | 【GoPro公式】 Media Mod メディアモジュラー for HERO9/10 ブラック | ADFMD-001 [国内正規品] | GoPro(ゴープロ) | ウェアラブルカメラ用マウント部品

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


Amazon | 【GoPro公式】 Light Mod ライトモジュラー | ALTSC-001-AS [国内正規品] | GoPro(ゴープロ) | ウェアラブルカメラ用マウント部品

「GoPro HERO11 Black」にリモコンや外部接続ハブを接続して「片手で持てるハリウッド」を構築してみた - 画像


ジャンルで探す