部下が上司に「言ってはいけない一言」とは?

 仕事をしていて、上司に対する不満は誰にでもあるものですよね。時には意見を言うこともあるかもしれません。上司だって人間、欠点や間違いはあるからです。でも、ビジネスマナーとして、上司に対して「言ってはいけない一言」があるのです。

 経営コンサルタントの横山信弘さんによると、いちばん上司に言ってはいけない一言は「モチベーションが足りません」なのだとか。例えば、期限内に仕事が終わらなかった場合、「モチベーションが足りませんでした」という言い訳は通用しないというのです。結果を出すのに、モチベーションは必要ないからということですが、確かに言われたほうはイラッとしちゃいますよね。

 著述家の千田琢哉さんの著書「その『ひと言』は、言ってはいけない」(廣済堂出版刊)によると、「それをやる理由は何ですか?」というセリフはNGだといいます。もともと仕事に意味などなく、自分で見出していくのが仕事だからとのこと。また、経験豊富で器の大きい相手が発する言葉の意味など、すぐに理解できるはずもないとも書かれています。

 部下の立場からは、まずは動いて結果を出すことが先決! その上で、「疑問に思ったことの理由を自分で見つけていく」というスタンスにするのがよさそうですね。

ジャンルで探す