横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」

 サッカー界のみならず、今後のスポーツ界全体に深刻な影響を及ぼしかねない出来事が起きたのは、6月18日のことだった。

 その日、J1の横浜F・マリノスの公式ホームページ上に「ニッパツ三ツ沢球技場ご来場時のお願い」というタイトルで、ニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲーム開催に際し、サポーターに向けて注意事項が更新された。

 ページを開くと、スタジアム周辺への配慮や、横浜市営地下鉄の利用を勧める「いつもの内容」がつづられていた。ところが、問題は「臨時バス運行について」の項目だった。そこにはこう明記されている。

〈ニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲーム開催時に運行いただいておりました臨時バス(三ツ沢総合グラウンド→横浜駅)は諸般の事情により2024シーズンの運行はございません〉

 臨時バスの運行がなければ、ピストン輸送ができず、スタジアムに足を運ぶサポーターにとっては不便この上ない話なのだが…。問題の根っこはもっと深い。

 スポーツライターが今回の緊急事態について、こう解説する。

「『諸般の事情』と書かれていますが、バス運転手を確保できなかったと推察するのが正しいでしょう。同じJ1でいえば、北海道コンサドーレ札幌が昨年の9月16日以降、各バス事業者の申し入れで札幌ドームへのシャトルバスを全路線運休しています。ただし、今回はさらに深刻です。その背景には、4月から規制が始まった、運転手の時間外労働の上限時間が年間960時間に制限される『2024年問題』があります。バス運転手が絶対的に不足している中でこの制限がかかり、横浜F・マリノスには臨時バスの運行を取りやめる以外の選択肢がなかったとみられています」

 つまり、法律が変わるなどのよほどのことがない限り、この臨時バスの運行は永久になくなりそうなのだ。

 確かに、バスの運転手不足は全国的に社会問題となっている。千葉県では路線バスの減便が相次ぎ、4月までの半年間で約1900便が減ったという報道があったばかりだ。

 これは当然、今後のスポーツ界全体を襲う大問題だと、前出のスポーツライターは懸念する。

「交通の便が良いところにスタジアムがあるプロ野球以外は、大きな箱ものスポーツイベントは観客激減の可能性があります。サッカー、ラグビー、陸上など、特に臨時の大きな大会を、地方のスタジアムや陸上競技場で開催する傾向にあるスポーツは深刻です。ほとんどの場合が最寄りの駅から、臨時バスで大勢の観客を会場へと運んでいますからね。ところが、このバスを確保できなくなる。臨時シャトルバスがないと告知されたら、遠方からの集客が難しくなりますから、前売りにせよ当日にせよ、チケットの売り上げが落ちることは容易に想像できます。マリノスの三ツ沢開催ですら無理なのですから、長い目で見て、スポーツ界にとって頭を抱える大問題へと発展していきそうです」

 巷では、修学旅行の貸し切りバスの手配でも、バス会社に断られるケースが増加しているという。

 このような状況では、地方開催時に駅前に臨時バスがズラッと並ぶ、サッカーやラグビーの「ワールドカップ」のようなビッグイベント開催はもはや不可能だろう。この由々しき問題が、未来のスポーツの火を消さないことを願いたい。

(風吹啓太)

ジャンルで探す