歌舞伎町・悪質ホストついに「営業取り消し処分」で被害女性の「復讐リベンジ」が始まる

 昨年から社会問題になっている「悪質ホスト」に絡み、ついに営業許可取り消し処分が下された。東京・歌舞伎町にあるホストクラブ「LOVE」で働いていたホストが、売掛金の返済を目的として女性に体を売らせたとして、東京都公安委員会は風営法に基づいて、同店の営業許可を取り消す決定を下したのだ。

 このホストは昨年1月、20代の女性客に対して約1000万円の売掛金を要求し、女性を特殊浴場で働かせた売春防止法違反の疑いで逮捕されていた。こうした売掛金問題を理由とする営業許可の取り消し処分は、都内で初めての事例となる。これに対し、

「今後は悪質ホストの被害に遭った女性客の、リベンジが始まるかもしれない」

 と語るのは、ホストクラブ事情に詳しい関係者だ。

「これまで女性客が悪質ホストの被害に遭っても、相談する場所がなかなかありませんでした。そのため、女性客は掲示板などにホストとのLINEのやりとりを晒すしか、方法がなかった。でもこれからは、売春を強要されるなどの被害を受けた場合、警視庁に相談する選択肢がクローズアップされることに」

 悪質ホストに関する相談は、各都道府県の女性相談支援センターで受け付けており、相談内容に応じて消費生活センターや法テラス、都道府県警察、ワンストップ支援センターなどの適切な専門機関へと繋ぐ。相談者に寄り添った支援を行うと、厚生労働省は呼びかけている。

「被害に遭った女性客が求めているのは、自分自身への支援よりも、自分を苦しめたホストへの復讐です。これまでは、ホストに対する罰は売春防止法違反での逮捕のみでした。店の営業許可を取り消すことができるとなれば、相談しようと考える女性が増えるのではないでしょうか」(前出・関係者)

 女性の復讐心が募れば今後、営業許可が取り消されるホストクラブはさらに増えていくかもしれない。

ジャンルで探す