井口資仁が断言「侍メジャーのBIGビジョン」(1)成長を止めない誠也と昇太

 大谷翔平が渇望する「ワールドシリーズ制覇」を2度も経験している、前ロッテ監督の井口資仁氏が、このほど初の著書「井口ビジョン」(KADOKAWA)を上梓。経験者の目からどのように今季メジャー、そして大谷のことを展望しているのかじっくり聞いてみた。

 ドジャース移籍の直後にトラブルに見舞われた大谷翔平(29)だが、違法賭博に関与していないことがほぼ結論づけられ、ファンは胸を撫でおろしている。あとは、いかに本来のパフォーマンスを披露し続けてくれるかだけだろう。

 井口資仁氏は言う。

「ドジャースは優勝の使命を背負った、伝統ある球団。そんなチームはメジャー全体を見渡しても、東海岸のヤンキース、西海岸のドジャースくらいです。

 加えて、僕がメジャーでプレーしていた当時の最高年俸は、おそらくA・ロッド(アレックス・ロドリゲス)で、日本円にして約30億円弱ぐらい。今のレートでは約50億円でしょうか。当時でもとんでもなく破格でしたが、大谷はそれ以上。どうしたってファンやメディアの期待値もすごいことになるわけで、彼はそれとも戦わないといけない」

 事実、打者専念の今季、開幕当初にホームランがなかなか出なかったことや、得点圏打率の低さなどで、過度の注目を浴びるあまりに批判されているフシもある。だが、井口氏は「まったく心配ない」と言い切る。

「選手時代に対戦していた当時から、彼のすごさは肌で感じていました。日本ハム時代はまだ体ができあがっていなかったにもかかわらず、すでにバッティング練習を見てもすごい飛距離だった。僕が引っ張るよりも、彼が流し打った方が飛ぶんですから(苦笑)。

 その後の成長は彼の努力、探求心の賜物だと思います。飛距離や打球速度が話題にもなっていますが、それは無駄のないスイングとスイングスピード、どちらも成長しているからです。今年に関しては打率も上がっている。去年まで見られた『あれっ?』と思うような空振りがかなり少なく、安定感が出てきました。ここ最近はセンターから反対方向の打球も増えてきて、焦りも消えてきたように思います。ホームランは後からついてくるでしょうね」

 モノが違う、というわけだ。他に期待する選手は?

「(鈴木)誠也(29)が今年、3年目。去年はケガから始まってWBCも出られませんでしたが、夏以降の成績を見れば、今季はかなり期待できると思います。キャンプで話した時も、自分のやりたいことをつかめている感じがした。気になったことをノートにまとめたりして、冷静に自己分析しながらプレーできるようになったと思います。

 投手では今永(昇太・30)が素晴らしい成績を残していますね。彼は投げるたびに勉強しながら、『今はこうしよう、次はこうしたい』と実行している。メジャーで活躍できる選手は、彼らのように『ビジョン』を持って、成長を止めない選手だと思います」

ジャンルで探す