レギュラー番組たった1本の危機が…明石家さんまが死守したい「水曜夜9時」の激烈攻防戦

 明石家さんまはお笑い界、いや芸能界のトップに君臨するほどのタレントだが、その内情は決して明るいものではないという。テレビ制作関係者が言う。

「レギュラー番組が、たった1本になる危機が迫っているのです。現在、彼が担当しているレギュラー番組は『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)と『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)のみですが、『ホンマでっか』はここ数年、絶不調。試行錯誤を繰り返しています」

 一体どういうことなのかといえば、2022年4月からレギュラー放送が開始された裏番組「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)が好調なのだという。

 なるほど、1月31日の放送は「上田」の個人視聴率が5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)に対して「ホンマでっか」は4.3%。1月17日の「上田」は3時間スぺシャルで7.6%だったが、「ホンマでっか」は4.3%と、ここ最近はすっかり「負け」が込んでいる。先のテレビ制作関係者が解説する。

「そこでお抱えの専門家をスタジオから極力排除し、芸能人だけのくくりトークにした時期もありました。ところが裏の『上田』との差別化ができず、差が広がってしまった。結局、以前のような専門家を並べての、ホンマでっかな情報を主軸にした構成に戻っています」

 なにやら迷走ぎみの「ホンマでっか」だが、すぐには終わらせられない事情があるのだと、別のテレビ制作関係者が明かすのだ。

「水曜夜9時は、テレビ朝日では強力なドラマ『相棒』が放送されている。フジテレビとしては、この激戦区で戦える新しいソフトがないのです。であればなんとしてでも『ホンマでっか』を生きながらえさせたいのが本音。むろん『ホンマでっか』より数字の悪い番組もありますから、直ちに打ち切り対象にはなるとは限らない。さんまとしても、レギュラー週1本というのは避けたいところでしょうし…」

 以前は「さんまのSUPERからくりTV」「明石家多国籍軍」(TBS系)、「さんまのナンでもダービー」(テレビ朝日系)に「明石家マンション物語」(フジテレビ系)など、ゴールデン・プライム帯を席巻していた。最後まで現役でいたいという意向とは裏腹に、確実に活躍できる枠は少なくなっている。地上波で見られなくなる「Xデー」はいつだろうか。

(魚住新司)

ジャンルで探す