太川陽介「バス旅」に川崎麻世が再登場で注目される屈辱の“降格人事”の行方

 太川陽介の人気旅企画「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」の最新回が4月14日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送されることがテレ東から発表された。

 同シリーズは太川チームと相手チームが路線バスを使い陣地に見立てた市町村をゲットしていく企画で、すでに3回が放送され高い人気を誇っている。

 次回、その第4弾は茨城県で陣取り行われるのだが、そのメンバーの中に川崎麻世の名前があったことがファンを驚かせているのだ。

「川崎は第1回の放送でリーダーとして起用され、太川と競い合いました。ところが第2弾の時、舞台のリハーサルを優先して番組をお休みしたんです。すると以降の放送では起用されなくなりました。番組スタッフとしては、せっかく起用したのに舞台を優先され、裏切られた気持ちになったのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 そんな中での川崎の復帰がどうなるか注目が集まっているわけだが、心配な点もあるようだ。

「川崎が休んだ第2弾からはA.B.C-Zの河合郁人がライバルチームリーダーを務め、太川と名勝負を繰り広げてきました。『バス旅のプロ』を自称する太川を驚かせる乗り継ぎを編み出し、もはや完全に“太川の好敵手”。今回、川崎はその河合チームのメンバーとして参加するわけで、いわば降格人事。その屈辱に川崎が耐えられるのか心配です」(前出・週刊誌記者)

  河合の足を引っ張ることがないようがんばってほしい。

ジャンルで探す