柴咲コウ、インスタで開催した「にゃんにゃん祭り」の意外に“深い”背景

 女優の柴咲コウが2月22日、インスタグラムで猫との写真を次々と公開。突然始まった「にゃんにゃん祭り」にファンが熱い視線を送っている。

 2月22日は「猫の日」。さらに柴咲が公開中の映画「ねことじいちゃん」に出演しているということで、猫写真の公開に至ったようだ。柴咲は「にゃんにゃん祭り【1】」から「にゃんにゃん祭り【3】」まで、3つの投稿にわけて3匹の猫を披露している。1つめは「おはぎ」、2つめは「ゆず」、3つめは「にゃんけい」という名前の猫だという。

「おはぎは映画に出演している猫だそうです。ファンの間ではどの猫が1番かわいいか話題になっていますが、結局、男性ファンの間では柴咲本人が1番かわいいという結論に落ち着いたようです(笑)」(芸能ライター)

 猫好きを公言しているタレントは多く、インスタで猫写真を披露する人も少なくない。だが、猫好きアピールは一歩間違えると「あざとい」として批判の対象になることもある。

「実家で猫を飼っている程度だと、猫好きアピールが裏目に出ることはよくあります。ただ、柴咲は生粋の猫好きですから問題ありません。彼女は現在、左右の目の色が違う『オッドアイ』の真っ白な猫を飼っています。名前はノエル。このコは熊本の保護施設にいたのを彼女が引き取ったんです。もちろん血統書なんてありません。ファッションやただの興味本位で猫を飼っているわけではないんです」(芸能関係者)

 今後も柴咲コウのインスタに猫が登場することがあるだろう。ぜひ第2回にゃんにゃん祭りを開催してほしいものだ。

ジャンルで探す