元貴乃花親方に聞こえてきた花田虎上との“兄弟電撃和解”企画の「誘い文句」

 元貴乃花親方の花田光司氏が、美女との“深夜デート”していたと、11月30日発売の「FRIDAY」が伝えている。銀座でタニマチらしき男性と食事、カラオケをともにした後、“壇蜜似”の丈の短いスカートをはいた美女と一定の距離をあけて歩き時間差で雑居ビルに入っていったという。

「離婚前から、花田氏は相撲部屋に、元妻の河野景子さんは自宅に住んでの別居状態で、かなり長い間、仮面夫婦だったといいます。最近はタレントの長男・優一の進路を巡って対立していたことも報じられるのと同時に、どちらにも別の異性の存在が囁かれていました」(芸能ライター)

 そうした中、早くも密会現場を目撃された花田氏だが、相撲協会を退職してしまった今、決まった収入源はないとされる。河野さんが16年に会社を設立し、講演会や話し方教室などで活動しているのとは対照的だ。

「そこで気になる花田氏の今後ですが、テレビのオファーが殺到中で、出演ギャラは最低1本150万円との話も聞こえてくる。講演活動にも力を入れると言われ、こちらのギャラは1本300万円以上とか。さらに民放各局は“タレントの価値を上げるため”を誘い文句に、絶縁しているタレントで実業家の兄・花田虎上との電撃和解企画を狙っているとの話もあるんです」(前出・芸能ライター)

 兄弟“新たなガチンコ相撲”も見てみたい!?

(鈴木十朗)

ジャンルで探す