コネタ

M-1優勝後とろサーモン久保田のVALUが爆騰! 一時3000%UPも

久保田かずのぶ

 先日の「M-1グランプリ」で優勝を勝ち取ったお笑いコンビのとろサーモン。12月7日、千鳥のノブがInstagramに投稿した写真には、思わずニンマリするボケ担当・久保田かずのぶの姿が……。M-1優勝後、とろサーモンの“株”はいっきに急上昇。「次々と大きな仕事が舞い込んでいる」というが、それだけではない。なんと、“VALU(バリュー)”が一時3000%UPするという爆騰を見せているのだ!

 久保田はM-1優勝後、ニュース番組で賞金の使い道を問われると「仮想通貨とかいっぱい買っていきたいですね」と発言していたが……。

◆M-1優勝とろサーモンのVALUが爆騰! 一時3000%UPも

 VALUとは、仮想通貨ビットコインを用いたマイクロトレードサービスだが、その特徴は“自分自身の価値”を擬似的な「VA」を発行し、トレーディングカードのように売買できることだ。この仕組みによって個人が資金調達を行ったり、今後成長すると思われる人物を応援するつもりで投資できるようになり、IT業界を中心に大きな話題となった。

 ベンチャー企業の社長など実業家、タレントやモデルなどの芸能人から気鋭のクリエイターまで、多くの著名人が「VALUはじめました」とSNSに投稿しているのを見かけたことがあるのではないか。

 こうして多くのひとがいまVALUの市場に“上場”しているわけだが、とろサーモンの久保田かずのぶもそのひとりだったのだ。とはいえ思い起こされるのは今夏、ヒカル氏の一件だろう。人気YouTuberということもあり、8月10日にVALUを開始してから連日ストップ高での買い注文が続いてた。しかし、8月15日になんの予告もなく自身が所持していた全VAを放出。高騰していたVAは大暴落した。ほとんどのひとが大打撃を受け、ヒカル氏らが何千万もの利益を得たのだ。当然、大炎上することになり、謝罪・無期限で活動を休止する事態にまで発展した。

 以降は、しばらくの間、投機的な活況はなくなっていたと思われていたが……。とろサーモンがM-1で優勝したことによって、久保田のVAは初値3,393円だったのが、最高値107,440円まで一時上昇。値上がり率でいうと、3000%UP(=最高値÷初値-1)したことになる。

 今後、久保田のVAはどのような値動きを見せるのか。高騰を続けるのか、あるいは下落していくのか。冒頭で示したように「次々と大きな仕事が舞い込んでいる」というが、そこで結果を残せるかどうかにかかっているだろう。<取材・文/日刊SPA!取材班>