コネタ

【バイト体験談】事務移転バイトってどんな仕事? 個人宅の引っ越しバイトとの違いは【学生記者】

こんにちは、日本大学理工学部4年の@Genです。

大学生のみなさん、こんにちは。2017年も折り返しに入りましたね。学生生活を有意義に過ごすためには、自分にあったアルバイトを見つけることも重要なポイントです。今日は個人宅の引っ越しバイトとはまた少し違った、事務所移転のアルバイトについて紹介します。

■基本情報

ジャンル:引っ越し
仕事内容:事務所移転
時給(交通費あり・なし):時給は1000円。交通費別途支給あり
シフト:9〜18時

■身だしなみについて(バイト中の服装、髪の毛の色の規定やネイル、化粧、ひげなども)

髪の毛を染めていることは問題ありませんが、大きめのピアスは外したほうがいいと思います。制服は貸し出してくれます。

■バイトで学んだこと

事務所の移転作業とは具体的に言うと、いろいろな事務所に行き、デスクや資料や机などを大型トラックに詰めこむ仕事です。梱包されたり持ち出せるように準備されたりしたものを事務所から外に出す、もしくは新しい事務所に入れるだけなので、個人宅の引っ越しに比べれば比較的時間はかかりません。

事務所移転なので、虎ノ門ヒルズや六本木ヒルズ、マンションの一室の個人事務所など様々な場所に行けます。そのオフィスでかない限り絶対に入ることができないような場所にも入ることができ、とてもお得です。

■バイトをやっていてつらかったこと

荷物を運ぶのには案外力は要りません。台車に乗せて移動するだけですので、荷物を台車に乗せるだけの力があればできます。しかし、古い施設に事務所がある場合はエレベーターがないため台車が使えず、とても長い階段を昇り降りして運ばなければならない場合があります。その場合はとてもつらいです。また、重くて途中で手を離すと下にいる人は荷物に押しつぶされてしまうので危険です。なので、無理なときはできないとはっきり伝える必要があります。

■おすすめポイント

個人宅の引っ越しよりもスムーズに引っ越しが進む場合が多いので、所要時間より仕事が早く終わる可能性があります。早く終わっても1日分の給料はきっちりもらえるのでおすすめです。また、普段では入ることができない事務所の中に入れるのもおもしろいです。いろいろな地域に現場があるので、今まで行ったことのない街に行くこともできます。私自身、このバイトを通して都内の街に少し詳しくなりました。

■まとめ

事務移転の仕事は、引っ越し系のバイトの中でも比較的楽なほうではないでしょうか。個人宅の引っ越しバイトですと、少ない人数しか配属されないので一人あたりのやることがとても多い上に、疲労が溜まります。しかし、事務移転の引っ越しバイトはたくさんのスタッフが配属されるので、やることは少なめな上に、疲労の溜まり具合も全然違います。初めて引っ越し系のバイトを行う方には事務所移転がおすすめです。街にも詳しくなれますしね。興味があれば、ぜひ挑戦してみてください。


文・@Gen