息子「学校行きたくない」母に悩みを相談するも気にしすぎと言われ…「SOSのサインに気づいて」「学校が全てじゃないよ!」

他人から言われた何気ない一言が、心に刺さった経験はありますか?
家族に言われた一言が、自身を追い詰めることもあるようで……。

そこで今回は、MOREDOORの大人気TikTokより、オリジナル漫画『言われた側は覚えている。』を紹介します。

何気なく……

「生きていれば、誰だって1つや2つ心に傷を負っている」
何気なく発せられた言葉が、誰かの心を深くえぐることがある。

それは家族間でも友人間でも、どこにでもあり得ることで被害者にも加害者にもなり得る。
そんな「言葉のナイフ」を取り上げ、いま一度自分の“言葉”を見直す物語。

両親の離婚により、母子家庭となって転校してきたユウマ。
学校で”お父さん”がいないと言われて……。

気にしすぎ?

読者の感想は……

『子どものSOSのサインを親は見逃さないようにしないとですね』

『子どもは頑張って伝えてくれようとしてるからちゃんと待って聞いてあげて欲しい。できるだけ寄り添いたいですね』

『どんどん思考が悪い方向に向かっているので心配になりました。』

『学校に通っている間はそこがその子の社会だし気にするのもわかる。学校が全てじゃないと気づいてほしいです!』

など、さまざまなコメントが集まりました。

母に言われた一言から、”自分が我慢”すればよいと思い込んでしまったようです。
皆さんはこの漫画、どう感じましたか?


※この漫画はフィクションです。
■作画:長月よーこ
■脚本:華丘侑果
(MOREDOOR編集部)

ジャンルで探す