東京ディズニーランド大規模開発の現場潜入!「美女と野獣の城」の塔も確認

オリエンタルランドは6日、2020年春オープンを予定している東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の大規模開発の工事現場視察会を開催し、建設中の現場を報道陣に初公開した。

この大規模開発は、東京ディズニーランド内の7つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つにまたがる総開発面積約4万7,000㎡の場所に、大型アトラクションやエンターテイメントシアター、レストラン、商品店舗などの新しい施設を導入するというもの。投資額は2パーク開園以来最大規模の約750億円を予定している。

「ファンタジーランド」には、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」、商品店舗「ビレッジショップス」、レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」、TDL初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」がオープン。「トゥモローランド」には、アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、ポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」、「トゥーンタウン」には、ミニーと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンする。

視察会では、同プロジェクト担当者や広報担当者が施設の概要や工事の進捗などを説明。アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」が入る「美女と野獣の城」の塔は、現時点では約28mで、今後さらに高くて太い塔が1本建ち、高さは約33mになるとのこと。「ファンタジーランド・フォレストシアター」周辺は木々が一部植えられた状態だったが、今後さらに木々を増やし、最終的には深い森の中にシアターが存在しているようになるそうだ。

「ベイマックスのハッピーライド」は、ベイマックスのキャラクターにあわせてバリアフリーを意識。車いす利用のゲストや高齢者も移動しやすいようにとこだわったフラットなフロアが現時点でも確認することができた。また、各施設の壁や屋根、岩などのサンプルを作っている場所も公開。太陽光下での色の見え方や、風雨の影響や耐久性をここでチェックしているという。

(C)Disney

ジャンルで探す