Webサイト表示、即つながらないとストレスを感じるのは20・30代に多い傾向

ビッグローブは4月9日、「インターネット利用に関する意識調査」の結果の第3弾を発表した。調査は2月2日〜5日、20代〜60代の男女1,000人を対象に行われた。

まず、Webサイトの表示が遅くてストレスを感じる時間について聞いたところ、全体では5秒未満の回答率が計37.4%にのぼった。

「1秒未満(即つながらないと)」と回答した人に関しては、20代・30代がいずれも7.5%で、他の年代よりも多く見られた。

「1秒未満」と「1〜3秒未満」の合計回答は、30代が25.0%で最多となり、次いで20代が24.5%で続いている。最も少なかったのは60代で10.5%にとどまっている。

Webサイトが表示されなかった場合に、ブラウザバックなどで諦めるまでの我慢する時間については、20代・30代では5.5%が「1秒未満」と回答。20代では11.5%、30代では11.0%が1秒〜3秒未満と答えている。

また、全体では、10秒以内に表示されなければ諦める人が4割弱という結果となっている。

次に、YouTubeで30分以上の動画を見ると回答した811人を対象に、YouTubeで30分以上の新しい動画を見続けるかどうかを判断するまでの時間を尋ねてみた。

すると、77.5%が開始後1分までに判断する事が分かった。開始から10秒以内で判断すると回答した人は23.9%となっている。

ジャンルで探す