「サラ川」優秀100句を発表! 「解禁だー 喜ぶ上司 沈む部下」

第一生命保険は1月26日、2022年「サラっと一句! わたしの川柳コンクール(サラ川(せん))」全国優秀100句を発表した。2022年9月から10月にかけて募集していたもので、旧称「サラリーマン川柳コンクール」から名称リニューアル後、初めての開催となる今回のコンクール。応募総数8万5,437句から選ばれたもの。

今回の入選作品においては、前回に引き続き「新型コロナウイルス」に関連する句のほか、昨年10月に始まった「産後パパ育休(出生時育児休業)」の創設も相まり「育休」に関する句や、昨年シーズン中に大活躍を見せた東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手と絡めた作品などが見事入選作品に輝いた。
○物価上昇や節約ネタの数々!

「また値上げ 節約生活 もう音上げ」(健康奉仕)
「小遣いも 『家族割だ』と 値引きされ」(フォーリーフクラブ)
「ついてけぬ 物価上昇 子の会話」(カニ)
「物価高 食べる量減り 健康に」(メタボから標準へ)

○同僚のマスクの下の素顔が気になる!?

「飲み会で マスクはずして 知るお顔」(入社2年目のかなた)
「顔知らず 共に働く 新時代」(サブウェイ)
「増えてきた 素顔を知らない 知り合いが」(コンパクトレンズ)

○スポーツ界でもさまざまな活躍が!

「ワクチンと 村上打って 熱上がる」(みらいむ)
「令和では 翔平 朗希 村神様」(マリカのとうちゃん)
「祖母踊る きつねダンスが 太極拳」(カクト)

○育休中のパパに物申す!?

「イクメンへ パパも育てる キャリアママ」(ビッグママ)
「育休を とった夫が 子と化した」(むこう)
「育休は パパも育てる 休暇です」(となみ)

○心が潤う、"推し活"の悲喜こもごも!

「推し活で 潤う心 減る貯金」(松阪牛狙い)
「隠してた ヲタクがバレた Web 会議」(往美リン)
「最近の 母は推し活 父枯渇」(りーぬん)

3月19日まで全国優秀100句の中からベスト10を決める投票が行われている。投票は、同社ホームページ、「健康第一」アプリ、同社の「生涯設計デザイナー」が届ける専用の「投票用紙」から受け付けている。

ジャンルで探す