カリマー、収納式の耳あてや撥水加工など「冬でも快適な」キャップなど発売

カリマーインターナショナルは先ごろ、2022年秋冬コレクションとして「保温性に優れた」キャップやネックウォーマーの新作をカリマーストア各店、公式オンラインストア、取り扱い店舗で発売した。

本体内側に折って収納できる耳当てが付く「fleece cap(フリースキャップ)」(6,270円)は後ろのドローコードでサイズを調整できるほか、フリースとナイロン生地パネルのコンビネーションで、防風性と通気性のバランスがよく「体温調整しやすいモデル」だという。

「winter cap(ウィンターキャップ)」(6,380円)は「耐久はっ水加工され、防風性に優れたナイロン生地」と中厚手のフリースを組み合わせたハイキング、トレッキング用キャップ。こちらも後ろのドローコードでサイズを調整できる。

また、コンパクトに折りたため、ポケットに収納してもかさばらない「light fleece neck warmer(ライトフリースネックウォーマー)」(3,080円)は軽量で保温性に優れた中空糸、吸汗速乾性に優れた異形断面糸を使用したフリースが特徴。

そして「肌触りが良く柔らかに毛羽立たせたタム糸」を使用した「snood(スヌード)」(4,400円)もリリースされている。

ジャンルで探す