社会人の約6割、上司に叱られた「経験がない」 - 20代だけでみると…?

ライボは1月23日、Job総研が実施した「2023年 上司と部下の意識調査」の結果を発表した。調査は2022年12月28日〜2023年1月4日、社会人男女682人を対象に行われたもの。

まず、上司がいる586人に上司から熱量高く叱られた経験について聞いたところ、「経験あり」が38.6%で「経験なし」が61.4%となった。

年代別で見ると、「経験あり」は20代が24.8%、30代が46.1%、40代と50代がともに49.2%と、年代が上がるごとに高くなっている。「経験がない」が最も多かった年代も20代で75.2%。

適切な場面において上司から叱られることについての意識を聞くと、「叱られたい」は3.0%で「どちらかといえば叱られたい」は16.0%となった。合わせて19.0%が"叱られたい派"となっている。一方で"叱られたくない派"の回答は81.0%(「叱られたくない」43.5%、「どちらかといえば叱られたくない」37.5%)。

年代別で見ると、年代が上がるごとに"叱られたくない派"の回答が多く、"叱られたい派"の回答は20代が23.8%で最も多くなっている。

"叱られたい派"の129人にその理由を聞くと、「自分の成長につながるから」が68.2%で最多となり、次いで「自分をみてもらえている気になるから」と「客観的な評価が欲しいから」が各48.1%で続いた。

"叱られたくない派"の553人からは「萎縮してしまうから」(59.1%)や「叱られてもしっくりこない」(31.6%)、「反論したくなってしまう」(24.2%)の回答が多く見られた。

上司から叱られることでのモチベーションの変化について聞くと、「上がる」は4.5%、「やや上がる」は17.7%で合わせて22.2%が"上がる派"となった。"下がる派"は77.8%(「下がる」52.9%、「やや下がる」24.9%)。

年代別では、"上がる派"は20代が26.4%で最多となり、次いで30代が23.0%、50代が16.9%、40代が14.2%で続いている。

部下がいる171人に部下に熱量高く叱った経験の有無を聞くと、「経験あり」が34.7%で、「経験なし」が64.3%となった。

叱らない理由については、「時代と価値観が違うから」が40.0%で最多となり、次いで、「叱ること(内容)がないから」が35.5%、「ハラスメントを気にしてしまう」が30.9%で続いた。

年代別で見ると、「叱った経験あり」の回答は年代が上がるごとに多く、50代が52.9%、40代が36.2%、30代が27.8%、20代が26.0%という結果に。

ジャンルで探す