『マブラヴ オルタネイティヴ』、佐渡島陥落を描く第1話のストーリーを公開

2021年10月からの放送開始が予定されているTVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』より、第1話のストーリーや追加キャラクター&キャスト、ラジオ情報などが公開された。

9月25日(土)に開催された舞台挨拶付き先行上映会にて、“誰も見たことがない”オリジナルストーリーとしての第1話が公開。ストーリーとして描かれるのは、BETAと呼ばれる人類に敵対的な地球外起源種の襲来による人類側の佐渡島基地陥落の日。シリーズの時系列としては存在する事件ではあるものの、過去原作ゲームやコミックス、アニメシリーズでも表現されたことがない『マブラヴ オルタネイティヴ』の前日談となる。物語内では、グラフィニカが描く戦術機とBETAの熾烈な戦闘が表現されている。

■第1話「世界の日常」
1998年9月15日。駒木咲代子は日本帝国軍佐渡基地の戦術機部隊に着任する。僚機となる草野に基地を案内される中、この地に生きる人々の暮らしぶりを垣間見、国民に道を示せていないと嘆く…。そして、大規模なBETA群が佐渡島に迫る――

そして、追加キャラクター&キャスト情報を公開。オルタネイティヴ4計画の最高責任者にして天才物理学者の香月夕呼(こうづきゆうこ)役を青木瑠璃子、第207衛士訓練小隊の教官、神宮司(じんぐうじ)まりも役を渡部紗弓、夕呼の計画に深く係わる少女、社霞(やしろかすみ)役を高尾奏音、横浜基地の司令官パウル・ラダビノッド役を若本規夫がそれぞれ担当する。

また、10月からのアニメ放送を記念して、WEBラジオ番組『アニメ マブラヴ オルタネイティヴ通信局』のスタートも決定。響ラジオステーションにて、神木孝一(白銀武 役)と奈波果林(御剣冥夜 役)の2名のパーソナリティにて毎週作品の魅力や情報を届ける。なお、番組イラストは、コミックス版の『マブラヴ オルタネイティヴ』を描いた蒔島梓による描き下ろしイラストとなる。

さらに、先行上映会では、新しいプラモデルの発売も発表。白銀武らメインキャラクターが今後のアニメ内でも搭乗する戦術機「吹雪」がコトブキヤより発売決定。こちらは過去プラモデルキット化がされておらず、今回初の製作となる。

TVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』は、2021年10月よりフジテレビ、関西テレビほかにて放送開始予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)aNCHOR / オルタネイティヴ第三計画

ジャンルで探す