JR北海道、宗谷本線東風連駅を約1.6km移設「名寄高校駅」に改称へ

JR北海道は8日、名寄高校へ通学する生徒の利便性向上のため、名寄市の負担により宗谷本線東風連駅を同校付近に移転し、あわせて駅名を「名寄高校駅」に変更すると発表した。2022年春に実施予定とされ、詳細が決定し次第、改めて案内する。

東風連駅の移設と駅名変更は名寄市からの要望を受けたもので、JR北海道が検討・協議を進め、今回の決定に至ったとのこと。

これにより、東風連駅は現在地よりも約1.6km北(名寄駅方面)へ移転され、駅から名寄高校までの距離は約200mとなる。移設・改称後の名寄高校駅は1面1線の無人駅となり、乗降場やスロープといった設備が設けられる。

ジャンルで探す