緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

フィリップモリス、IQOS最新デバイスキットの価格を最大3,000円値下げ

フィリップ モリス ジャパンは1月25日、加熱式たばこ「IQOSキット」各種のメーカー希望小売価格を改定する。

同社では、2020年4月に全面施行された改正健康増進法に合わせ、加熱式たばこの喫煙環境整備を進めてきた。2021年は、「もっと『身近』なIQOSへ」をスローガンとし、成人喫煙者に加熱式たばこ製品への切替えを促す取組みとして、価格面やデバイス・味わいにおいて新しい展開を予定している。

今回、IQOSユーザーはもちろん、まだIQOSを試していない成人喫煙者、煙の出ない製品への切替えを検討している成人喫煙者、複数台のデバイス保有を検討している成人過熱式たばこユーザーなど、より多くの人に試してもらえるよう、IQOS最新デバイスキット各種のメーカー希望小売価格を改定する。

新メーカー希望小売価格は、「IQOS 3 DUOキット」が6,980円(旧価格/9,980円)、「IQOS 3 DUO ホルダー」が2,980円(旧価格/4,480円)、「IQOS 3 MULTIキット」が4,980円(旧価格/6,980円)、「IQOS 3 キット」が5,980円(旧価格/8,980円)、「IQOS 3 ホルダー」が1,980円(旧価格/2,980円)、「IQOS 2.4 PLUS キット」が2,990円(旧価格/4,980円)、「IQOS 2.4 PLUS ホルダー」が1,980円(旧価格も同じ)。

※価格はすべて税込

ジャンルで探す