JR東日本、一部不通の水郡線「2021年3月末までに全線運転再開」へ

JR東日本水戸支社は、昨年10月の台風19号で被災し、現在も運転見合わせとなっている水郡線袋田~常陸大子間について、2021年夏頃としていた運転再開目標を前倒しし、2021年3月末までに全線運転再開をめざすと発表した。

台風19号の影響で一部区間の不通が続く水郡線だが、今年7月に西金~袋田間が運転再開。現在は袋田~常陸大子間で列車の運転を見合わせ、上小川~常陸大子間でバス代行輸送を行っている。

袋田~常陸大子間の運転再開について、これまで2021年夏頃を目標としていたが、復旧工事が順調に進捗していることから、運転再開目標を前倒しすることになった。「2021年3月末までに全線運転再開を目指し、引き続き安全に工事を進めてまいります」と水戸支社。具体的な運転再開日時や運転時刻等は改めて発表するとしている。

復旧工事の進捗状況についても説明。橋脚・橋台の設置が完了し、橋桁の架設に向けた準備作業を進めているところであり、12月から橋桁の架設を実施する予定だという。

ジャンルで探す