TVアニメ『本好きの下剋上』、第11話のあらすじ&先行場面カットを公開

2019年10月から放送開始となったTVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』より、第11話「究極の選択と家族会議」のあらすじ&先行場面カットを紹介しよう。

○●TVアニメ『本好きの下剋上』、第11話のあらすじ&場面カット

■第十一章「究極の選択と家族会議」
気がつくと、マインはフリーダの家にいた。フリーダの持っていた壊れかけの魔術具のおかげで、マインは命を取りとめたのだ。だがフリーダは、これで身食いを治せたわけではないと言う。この先、魔術具を持つ貴族と契約して貴族に飼い殺されて生きるか、このまま家族の元で朽ち果てるか、二つに一つを選ばなければならない。マインに残された時間は、あと一年。しかし、マインは家族に本当のことをなかなか話せずにいた。
(脚本:國澤真理子、絵コンテ:羽永花ゆい、演出:うえだしげる、総作画監督:海谷敏久、作画監督:芳川弥生)

TVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』は、WOWOW、AT-X、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

ジャンルで探す